【まとめ】2018年に観た映画ベスト10

best2018.jpeg
best2018

年末なので毎年恒例の映画ランキングです。今年で13回目です。

いつも超個人的、主観的なランキングで、自己満足に過ぎず恐縮ですが、Filmarksで4.0以上つけた、映画を一覧にして、その中から好きな映画をベスト10でご紹介します。

観た映画はそれぞれ本当に素晴らしい点があって、心に残る良い映画ばかりなのですが、その中で、4.5以上つける映画は特に個人的な感情が含むものが多く、そういった点で自分にとって大切な映画なので、こういった場所に大事に記録しておきます。

なので皆さんにおすすめ映画というより、私の趣味嗜好とその時の心境など思い入れが入った偏ったランキングとなっていることだけ、ご了承ください。

量を観ることが目的ではなく、自分にとって良い映画を観ることが映画を観る目的です。

ちなみに、直近6年間のランキングは以下です。

2012年に見たランキング
2013年に見たランキング
2014年に見たランキング
2015年に見たランキング
2016年に見たランキング
2017年に見たランキング

【まとめ】2018年上半期映画ベスト10

2018年に観た映画リスト

2018年は総計79本の映画(昨年比-6)を観ました。
Filmarks上ではすべて簡単に感想書いています。
(レンタルで観たものがあるので、2018年日本公開でないものも含まれます)

2018年に観た洋画一覧(55本)

★5.0(2本)
グレイテスト・ショーマン
ワンダー 君は太陽

★4.5(9本)
女は二度決断する
search/サーチ
ブリグズビー・ベア
パディントン2
ボヘミアン・ラプソディ
リメンバー・ミー
プーと大人になった僕
バード・ボックス
クワイエット・プレイス

★4.0(20本)
バッド・ジーニアス 危険な天才たち
レディ・プレイヤー1
シェイプ・オブ・ウォーター
5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
モリーズ・ゲーム
アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル
Love,サイモン 17歳の告白
オーシャンズ8
インクレディブル・ファミリー
ミッション:インポッシブル/フォールアウト
デッドプール2
キングスマン:ゴールデン・サークル
デトロイト
ゆれる人魚
スリー・ビルボード
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男
ファントム・スレッド
女と男の観覧車
バトル・オブ・ザ・セクシーズ

その他(24本)
アンクル・ドリュー
ティガームービー/プーさんの贈りもの
シュガー・ラッシュ:オンライン
アリー/ スター誕生
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
セラヴィ!
ウインド・リバー
ランペイジ 巨獣大乱闘
ラブレス
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
トレイン・ミッション
ヴァレリアン 千の惑星の救世主
クリスマス・クロニクル
ゲット・アウト
エブリデイ
ジグソウ:ソウ・レガシー
トランス・ワールド
レディ・バード
ジオストーム
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
セブン・シスターズ
女神の見えざる手
ブラックパンサー

2018年に観た邦画一覧(24本)

★5.0(2本)
カメラを止めるな!
ちはやふる ー結びー

★4.5(5本)
ドラゴンボール超 ブロリー
愛しのアイリーン
若おかみは小学生!
祈りの幕が下りる時
真っ赤な星

★4.0(4本)
万引き家族
犬猿
検察側の罪人
SUNNY 強い気持ち・強い愛

その他(13本)
人生フルーツ
ミスミソウ
いぬやしき
娼年
羊の木
未来のミライ
恋妻家宮本
彼女がその名を知らない鳥たち
孤狼の血
ミックス。
彼らが本気で編むときは、
ハルチカ
斉木楠雄のѰ難

2018年映画ベスト10

今年自分が見た映画79本の中から、2018年日本公開のものに絞って、TOP10を挙げてみます。
ちなみに、昨年までの1位をざっとご紹介するとこんな感じになってます。

※一部公開した年のランキングというより、自分がその年に観た映画なので昔のも含まれます。

2006年 1位 ゆれる(ヒューマン)
2007年 1位 ブラッドダイヤモンド(ミステリー)
2008年 1位 ウォーリー (CGアニメ)
2009年 1位 サマーウォーズ (アニメ)
2010年 1位 インセプション (SF)
2011年 1位 ミッションイン・ポッシブル~ゴースト・プロトコル~.(アクション)
2012年 1位 幸せへのキセキ(ヒューマン伝記)
2013年 1位 モンスターズ・ユニバーシティ(CGアニメ)
2014年 1位 ベイマックス(CGアニメ)
2015年 1位 はじまりのうた(音楽ドラマ)
2016年 1位 マネー・ショート 華麗なる大逆転(社会派ドラマ)
2017年 1位 メッセージ(SF)

1.カメラを止めるな!

76912

今年一番話題になった日本映画。話題の中でレンタルで家で観てたら、実はこんなに満足度高くなかったかもしれません。
満員の試写室の中で、みんなが笑って、最後には拍手で終わり、会場を出た後、演者みんなが出迎えてくれた、そのことも込みで衝撃的な体験でした。

#242 カメラを止めるな!/日本で生まれた傑作を見逃すな!

2018.06.20

カメラを止めるな!のゆっけの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks

2.グレイテスト・ショーマン

グレイ

マイノリティや差別を扱った映画ではなく、家族の映画。全ての音楽が素晴らしくて、感動する。観終わった後幸せな気分にさせるザ・エンターテイメント映画!

グレイテスト・ショーマンのゆっけの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks

3.ちはやふる ー結びー

Musubi B1

劇場で2回観ました。最高!青春映画の傑作!!必死に生きるから、生まれるものってあると思います。そんな気持ちを思い出せてくれる大切な映画。

ちはやふる ー結びーのゆっけの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks

4.ワンダー 君は太陽

NewImage

100回くらい泣いた。宝物のような映画だ。学校で見せたい。期待を裏切らない感動作でした。

ワンダー 君は太陽のゆっけの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks

5.女は二度決断する

女は

社会派映画と思ったら、法廷ものに変わり、そして最終的にサスペンス&復讐劇へと変化する、先が全く見えない展開で最後まで前のめりになって観ました。めちゃくちゃ面白いのでオススメです。

女は二度決断するのゆっけの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks

6.search/サーチ

Search サーチ

全編すべてPC画面の映像ということで見づらいと思いきや、なかなか憎い感動的な演出もあったりして、最高に面白かった!斬新な見せ方はもちろん、展開が二転三転して、かつドラマ性もあって面白いので、観終わった後、誰かと話したくなる!家族と観て欲しい映画。

search/サーチのゆっけのレビュー・感想・評価 | Filmarks

7.ブリグズビー・ベア

ブリグズビー

愛おしい!思わずぎゅっとしたくなります。『カメラを止めるな!』と同時期に公開された、偏愛こそ最高な映画愛溢れる映画でした。この映画を行きつけの美容師さんにおすすめしたら、早速観てくれて、それをまたお客さんに話したら、すごい面白かったと観てくれたみたいです。そういう自分がおすすめしたものがいろんなひとに影響されていくのもまたいいなぁと思った映画でした。

ブリグズビー・ベアのゆっけのレビュー・感想・評価 | Filmarks

8.パディントン2

65288

パディントン、子供向けだと思って舐めてました。めちゃくちゃ面白い。泣けるし、楽しいし、笑えるし、かわいいし、綺麗だし、観終わった後、温かい気持ちにさせる映画的な楽しさが詰まった素晴らしい映画です。

パディントン 2のゆっけのレビュー・感想・評価 | Filmarks

9.ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン ラプソディ

キャスト、ライブ映像が100点満点!フレディ・マーキュリーの生き様に震えます。

ボヘミアン・ラプソディのゆっけのレビュー・感想・評価 | Filmarks

10.リメンバー・ミー

64777

家族か?夢か?どちらを選ぶか、なんて単純なことではなく、もっともっと広い意味での”家族”の絆が生きる人にとって、大切なんだって自然と気づかせてくれる、カラフルで明るい映画で、感動もできる素晴らしい映画でした。

リメンバー・ミーのゆっけのレビュー・感想・評価 | Filmarks

#2018年映画ベスト10

Best2018 001

1.カメラを止めるな!
2.グレイテスト・ショーマン
3.ちはやふる ー結びー
4.ワンダー 君は太陽
5.女は二度決断する
6.search/サーチ
7.ブリグズビー・ベア
8.パディントン2
9.ボヘミアン・ラプソディ
10.リメンバー・ミー

今年もたくさんの良い映画と巡り会えました。こうやってみると、どれも「家族」がキーワードになってくるのかなぁと思います。
素晴らしい映画を制作した方々へリスペクトの想いを込めて。

なお、Filmarksでは、2018年最高の映画に投票するキャンペーン「BEST FILM of 2018」も開催中。
こちらからも、ぜひベスト映画だと思う作品に、スターをつけてくださいね。気持ちの分だけ押すことができます!
https://best2018.filmarks.com/

読んでいただいてありがとうございます。

●採点基準についてはこちら→映画感想(レビュー)の作法/映画ブログをやっていてよかったなー、という瞬間

ぽっけ
今年も1年良い映画と出会えて幸せでした。

(C)ENBUゼミナール
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社
(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
(C)2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
(C) 2018 Twentieth Century Fox
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.