【極上の癒し空間】サウナ→水風呂→外気浴が揃っている場所は最強説!

sauna-Relax.png
Sauna Relax

みなさん、日頃のストレスをどう発散していますか?

毎日充実した生活を送っている人って、オンオフをしっかりつけているというか、自分がリラックスしたり、癒されたりする、楽しいことが分かっている人だと思います。

自分はというと、映画を観ているときや本を読んでいるとき、音楽を聴いているとき、また好きなご飯を食べたり、好きな飲み物、お酒を飲むとき。そして、サウナや大きなお風呂(温泉)に入るときが癒しの時間です。

ストレスがたまるのは仕方ないので、どれだけそれを発散していくかということが大事なことですよね。今回は、自分の「癒し」になっているサウナの魅力についてご紹介します。

交互浴との運命の出会い

そもそも、お風呂に入るのは好きだったのですが、ライターのヨッピーさんの以下の記事を読んでから、交互浴にハマりまして、銭湯に行くといつも「お湯→水風呂→お湯→水風呂→お湯」を繰り返していました。

▼銭湯神ヨッピーが語る!見ると銭湯に行きたくなる最高の入浴法(1/3) – オモトピア

交互浴をしていくにつれて、冬場でも全く寒くなくなるほど、”無敵”状態になるんです。(あえて例えるならば、どんな敵が来ても倒せるようなマリオの”スター状態”でしょうか。。)そして、銭湯に出た後の、フルーツ牛乳(小岩井のが、まろやか&すっきりしていて飲みやすい)が美味しいこと。ビールももちろん最高ですが、出た後のフルーツ牛乳が個人的に習慣になっています。

「サウナトランス」との衝撃的な出会い

そして、以下信頼しているブログ「monograph」で「サ道」という漫画が紹介され知りました。交互浴はしていたのですが、サウナはあまり入ることはなかったので、興味惹かれすぐにkindleで買って読みました。

▼初心者向けサウナ解説漫画「サ道」感想・レビュー。止まらないサウナトランス!

この漫画、サウナを入るとどんだけ良いことがあるのかということが非常に分かりやすく書かれていて、読んだらすぐに試したくなるレベル。「整う」という強烈な多幸感が得られる状態になることを「サウナトランス」と呼びます。麻薬のような快感を脳に与えられますが、これが合法なのだから、病みつきになってしまう。

いろいろ言われていて、果たして結論身体に良いのかはわからないのですが、最高に気持ちい瞬間を味わえることは間違いありません。この漫画を読んでから、銭湯や温泉地に行ったとき、サウナ+水風呂がないと、がっかりしてしまうときが多くなりました。

「サウナ+水風呂」の効果とは?

温かいお湯につかると血管が拡張して、副交感神経が優位になります(リラックスモード)。反対に、水風呂に入ると血管が収縮して、交感神経が優位になります(戦闘モード)。これを繰り返すことで、自律神経が鍛えられるらしい。新陳代謝の活性化、血行改善、デトックス、冷え性の改善など、果たしてそれが健康に良いかどうかは実は科学的根拠はありません。しかし、アドレナリンがほどよく分泌され、気持ち良いこと、リラックスできるということは確かです!

「整う」までのアレコレ

せっかくなので、銭湯に行ったときの「整う」までの順番をご紹介します。60分コースですっきり晴れやかな気持ちになれますよ。

1.着替え、体を洗う(10分)
2.温泉につかる、露天風呂でゆっくり(10分)
3.サウナ→水風呂→休憩 ×3セット(30分)
4.着替え(10分)

3の「サウナ(加熱)→水風呂(冷却)→外気浴(休憩)」ですが、内訳は以下になります。

10分(1セット)
・サウナ:3分
・水風呂:1分
・休憩:5分

ここで重要なのは、実は「休憩」の5分間。私は最初の方は、サウナと水風呂にこだわっていたのですが、そうじゃないことにしばらくして気づきました。「休憩」の時間こそが、最高の多幸感を得られる時間なのです。ここを抜かしてはいけません。あと、できれば、休憩は椅子でも良いですが、寝転べるリクライニングチェアだとなお良し。外で休憩(外気浴)ができるのであれば、外の風を感じられるので心地よく、リラックスできます。

サウナに入る前に水分補給は忘れずに、水風呂に入るときは、汗を流して入ることもエチケットです。水風呂は急に入ると、血管が一気に収縮して血圧が上がり、心臓が負荷がかかるので、ゆっくり心臓から遠い足先から順番に入りましょう。また長く入らないず、30秒~1分程度が適切です。(前提として、高血圧症や心臓病の人は、これらは循環器系への負担をかけ危険なので避けましょう)

また、休憩のときは、体の水滴をよくタオルで拭き取ってからにしましょう。しばらく休んでいると、肌の毛がピリピリしてくるのが感じられますし、途中から体がふわーっと軽くなって、何もかもがどうでもよくなるほど心地よく、ディープリラックス状態になります。その間は、生きていることが素晴らしく思え、すべてのものに感謝したくなり、自分が一新されたように感じます。まさにこれが「整った」状態です!

最後のセットが終わったら、暑くも寒くもない、ちょうど良い体感になります。(最後は必ず水風呂で終えてください。身体の表面の温度は低くなり、毛穴が閉じて汗が出にくくなり、温浴で温まった体熱が逃げずに体内にとどまるため、身体が中から保温されます。)

そのあとはスパでしたら、館内着を着て、リクライニングチェアなどでゆったりとした時間を過ごします。このときにブログとか書いてもよし、お昼寝してもよし!最高の時間です。

ロウリュも体験しよう!

『マツコ&有吉の怒り新党』の新3大「こだわりがハンパないロウリュ」で知ったこれ。

サウナの発祥の地・フィンランドの言葉で、 蒸気を浴びる蒸気浴のこと。高温のサウナストーンに水をかけ、熱い蒸気を発生させる入浴法で、蒸気をタオルで扇ぐ入浴法。熱した石にアロマ水をかけ蒸気を発生したりもして、リラックス効果高まります。もし、スパや銭湯にロウリュのサービスがあれば、こちらも利用しましょう。

ロウリュは、最高に気持ち良いだけでなく、汗びっしょりになって頑張っているお兄さんの勇姿が見られたり、我慢している皆さんとの一体感があります。終わった後は思わず拍手したくなる。そんな自然と仲間意識を持てる憩いの場になっているのです。

一番好きな「サウナ」コース

最後に、自分が行ったことのある厳選おすすめサウナをご紹介。自分の中では、サウナに求めることは、「清潔感」「外気浴スペース」「水風呂の温度・深さ・広さ」「サウナの熱さ」など。

一番好きな場所は、「豊島園/庭の湯」です。好きな映画をユナイテッドシネマ豊島園で観てからの、温泉入って、サウナ入って、整ったら、リラクゼーションルームでゆっくりする。最強です。

6DC74120 A569 4F22 8074 1A0E6CC920DC

映画とサウナはもう同じくらいのレベルの立派な「カルチャー」ですよね。他にも、以下の場所も好きです。

・「お台場/大江戸温泉」→年末になるとなぜか行く
・「東京ドーム天然温泉 Spa LaQua」→すごく綺麗ですよね。
・「新宿/天然温泉テルマー湯」→休日はかなり混んでいるので、あれですが新しくて綺麗。
・「東京荻窪天然温泉 なごみの湯」→近くなので。こちらも年末恒例。
・「大阪枚方/スパバレイ枚方南」→出張時に行ったとこ。よかった。
・「スパ&ホテル 舞浜ユーラシア」→ディズニーランドとセットでおすすめ。

体と心を癒し、最高に幸せにしてくれる空間。これからも探したいと思います。

ぽっけ
今後も「サ道」を極めていきたいと思います!ぜひ一緒に整いましょう。

参照サイト