#223 味園ユニバース/記憶(過去)をなくしても残っている希望

51NCWBPCINL
NewImage

味園ユニバース /満足度★★★★(4)misono/ジャンル:青春ドラマ(音楽)/103分/監督:山下敦弘/2015年/日本/配給:ギャガ

 

しょうもなーな展開もあるけど、それでも音楽が良いから良し!

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

ストーリー説明
NewImage

大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。彼の才能に興味を抱いたバンドとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は「ポチ男」とあだ名を付け、スタジオで働いてもらうことにする。やがてバンドのボーカルに迎えられたポチ男は、喪失した過去の記憶をたどっていき……。

引用:シネマトゥデイより

○感想
NewImage

まずこの映画が素晴らしいのは、関ジャニ∞の渋谷すばるさん。歌声もさることながら、あの猫背でちょっと闇を抱えている狂気を潜めた演技がとても良い感じ。出だしの和田アキ子の「古い日記」を歌うところは、息を飲んでしまうシーンです。「古い日記」のチョイスは渋谷すばるさんご自身みたいです。センスが良いですね。この曲がこの映画の核になっているなって思います。

「リンダ リンダ リンダ」「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督です。山下監督の映画ならではの緩い感じが続きます。大きな転換点というものもなく、この先どうなるのかなぁと心配させながらも、少しだけ希望も見えるそんな映画を見せてくれて、私は結構好きです。それに「もらとりあむタマ子」観て前田敦子さん好きになったし、監督の役者の本質を輝かせる力は素晴らしいと思います。

この映画ラストのところが、難点がありまして、せっかく丁寧に積み上げてきたのに、ちょっとご都合主義的な場面があるのですっと腑に落ちない部分もあるのはあるのですが、自分はやっぱり音楽が良かったということで許せました。それほど音楽と演じる人が良ければ、多少の脚本の粗は許せるもんだ。

「ココロオドレバ」が良い曲なんですよ!これはライブで盛り上がるなぁというか、演奏している人も楽しそうで良い。昭和歌謡の雰囲気を醸し出す「赤犬」という実在バンドの演奏も素晴らしいです。いやー楽しそう。(ちなみに、味園ユニバースも実在する元グランドキャバレーだそうです)

二階堂ふみさんの関西弁とおっさんどもを巧みにあしらう感じ(有無も言わさず、、、)も好きですよ。

スイカの種をひたすら飛ばす長回しのシーン。カラオケで歌って皆が認めるあのシーン。あぁいうシーン好きです。
正直、ヒナタカさんの以下の記事がいつもながら素晴らしいので、こちら読んでこの映画の良いところを確認してください。自分はうまく書けない。。。。。。

これからのふたり 映画『味園ユニバース』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

あとは、宇多丸さんの批評もさすがです。

▼宇多丸が映画「味園ユニバース」での渋谷すばるを絶賛

どうやっても消せない過去はあります。記憶(過去)なんてなければ良いと思うけれども、きっとそんな過去にも自分にとっての大事なものが残っている。それをしている、思い出している自分が”笑っていれば”それはきっと大事なもので、それが笑顔(未来)につながっていくのだから。

”しょーもない”感想読んで頂いて、ありがとうございますっ。

●参照

画像:(C) 2015 『味園ユニバース』製作委員会

○予告

公式サイト

○参考に読んだおすすめ感想ブログ/サイト
「味園ユニバース」 渋谷すばるの歌唱力に驚嘆!∑(゜∀゜): オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas)
味園ユニバース(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて

○LINE@はじめました!ブログの更新情報等をいち早く知りたい方是非友達登録お願いします。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

●記事を読んだ感想を書いてくれると喜びます!右下”コミュニティ”と書かれているアイコンから書き込めます(PCで見たときのみ現れます)

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク