#215 海街diary/ここが私の居場所。

NewImage.png
NewImage

海街diary /満足度★★★★☆(4.5)umimachi diary/ジャンル:ヒューマン/126分/監督:是枝裕和/2015年/日本/配給:東宝,ギャガ

 

なんて心地良い映画なんだ。この街が好きになること間違いなし

▼『海街diary』 広瀬すずの華麗なサッカーシーン

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

ストーリー説明
NewImage

鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして鎌倉での生活がスタートするが……。

引用:シネマトゥデイより

○感想
NewImage

「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督。

離婚して出て行った父親が亡くなったことがきっかけで、三姉妹と腹違いの妹が共同で暮らす話です。

静かに感動する映画です。とにかく映像が美しい。そして菅野よう子さんの音楽も美しい。全体的に観ててとっても心地いいのです。淡々とした話で、大きなことが起こるような展開もなく物語は進みますが、観てて飽きないのが不思議。ひとつひとつのシーンが無駄であり、”無駄ではない”のです!(次女の佳乃が財布を忘れた!と言いながらあったというシーンとか最高です)

日常のちょっとしたことが、劇的なものではなくすっと心に入ってくる。だからふとした心の琴線に触れるような出来事が起こると心を大きく動かされます。

映画は人の気持ちや、心の動きを描写するだけで、十分すぎるほどスリリングでおもしろい娯楽だと思います。
引用:大変だけど、生きよう 映画版『海街diary』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

その通りだなぁって思います。

鎌倉の街とそこで暮らす4姉妹と周りのひとたち。映画を観ていると不思議と全てが好きになれます。見所がどこかと言われると困ってしまいます。だって、どこも良いから。誰かに共感するというわけではなく、映画を観ながら、自分の好きな街ってどこだろうなって考えながら観てしまいました。

この映画、私は、”自分の居場所を知る”というのがテーマかなと思いました。
4姉妹の四女、浅野すずは自分の母親がしたことを悪いことだと思い、自分自身を責めます。自分がここにいて良いのか悩みます。長女の幸もまた家と自分たちを捨てて出て行った母親のことを許せず、また家族を引き離したきっかけとなった不倫を自分もしてしまいます。頑なに家を守ろうとしていますが、自分の居場所を確かにみつけられずにいます。

NewImage

一緒に暮らすひと。
暮らす街。
食べるもの。

ひとつひとつ、マッチするとき、「あー、ここが自分の心地良い場所だ」って思えるのだと思います。

「一緒に暮らすひと」これは言わずもがな。父親の葬儀が終わった後、帰りぎわ幸はすずに「一緒に住まない?」って提案します。ここのシーンがまた良い。突拍子もなく提案するのですが、それがもう必然という感じで、みんながそれ以上言葉もいらず同意します。すずがとても嬉しそうに手を振ります。これだけ観てもう4人で住んで幸せだろうなって思います。言葉ではなく、心で分かり合えるのは最強です。

「暮らす街」ちょうど今、自分は引越しを考えています。新しく住む場所。会社からの近さや家賃とか利便性を優先的に考えていましたが、そうじゃないやって思い直しました。今、自分が住んでいる場所を探したとき、「あ、この街好きだな」って直感的に感じました。もう4年も住んでいますが、その直感は正しかったです。暮らしたい街かどうかそれって、住む場所を探すにあたって一番大切なことかもしれません。

「食べるもの」シーフードカレー、ちくわカレー、しらす丼やしらすトーストとかすごい美味しそう。食べることは生きること。その土地のものが好きなら自然と生活も楽しくなります。四人で食卓を囲んでいるシーンがとっても良いのです。それぞれの思い出があるからなお美味しいのです。

この映画、本当に悪い人は登場しません。”悪”が深くは描かれない。異質なものがないからこそ、観ていて気持ちが良い映画なのかもしれません。
以下の感想の外界から閉ざされていて、異質なものがないという感想は少しわかります。

6/14 今日は『海街diary』を観た。感想書いた。 | 映画にわか

でも、意識せずとも、ひとって誰しも異質なものはできるだけ排除して暮らしているように思えます。自分の居心地の良いテリトリーを作っているというか。”同意”の集団の中で暮らしたがる生き物です。地方はなお、それが濃いかもしれません。でも、この3姉妹の中に、自分たちの家庭を壊した母親の子、すずという”異質なもの”が自然と街に溶け込んでいるところが面白い。

学校に行っても、すぐに溶け込んでいるんですよね。その子の性格もあるのかもしれませんが。女性同士はさらにそういうの意識しそうですが、敵対的な描写がない。
それはなぜか自分なりに考えると、我慢しながらも、発散するところがあるからかなぁと思いました。やけ酒を飲んで、次女の想いを知ったり、長女が恋愛関係でよくないときは、わかりやすく、果物をたくさん買ってくるとか、とことん喧嘩したりとか。大声で気持ちを叫んでみたりとか。
溜め込まず、日常の中のわかりやすいところに、弱さが表面に出ているから、最終的にやっぱり心地いいんですよね。観てて。

また、「自分がやられていやだったこと」を他人に対してやってしまっているという対比もまた”矛盾”を抱えていて、そこも正直に描かれています。

NewImage

そして、これは言わなくてもならない。4姉妹みんな魅力的だし、樹木希林も大竹しのぶも堤真一も加瀬亮もリリーフランキーも役者陣がみんな素晴らしい。
あ、監督は長澤まさみ押しなんだろうなぁと思う撮り方が多い気がします。役所というの重要さというわけではなくて。しょっぱなからのセクシーショットから、足を強調した撮り方。これは間違いなく狙っていると思います。

長澤まさみをついつい眺めてしまい話を逃してしまうことも多々。どのポーズ取っても絵になっていて、浮き出ています。
もちろん、以下の記事で指摘されているように、単なるサービスカットではなくて”脚を重要なモチーフ”にしているのだと思います。
確かに、マニュキュアのシーンとかも好き。
『海街diary』を見た。 – リンゴ爆弾でさようなら
(こちらの記事は描写についての意味が書かれてありとても参考になります。)

最後に、人物について少し書いておきます。劇中では説明はあまりないので。

NewImage

香田幸(綾瀬はるか)
長女。内科病棟に勤務する看護師。真面目、しっかりもの。

香田佳乃(長澤まさみ)
次女。信用金庫で働くOL。酒癖と男運が悪い。

香田千佳(夏帆)
三女。スポーツ用品店「スポーツ・マックス」藤沢店勤務。突拍子もない感じのキャラ。明るくて天真爛漫だけどもしかしたら一番姉妹のバランスを取っている存在かも。変な男が彼氏。

浅野すず(広瀬すず)
香田三姉妹の異母妹。積極的で明るい、しっかり者の四女。

佐々木都(大竹しのぶ)
幸、佳乃、千佳の母。夫に捨てられ、娘たちを置いて出て行く。

椎名和也(堤真一)
市民病院の小児科医。精神を病んだ妻とは別居。幸と不倫関係。

坂下美海(加瀬亮)
佳乃の上司の係長。「神様が考えてくれないなら、こっちで考えるしかないでしょ」このセリフ好き。

二ノ宮幸子(風吹ジュン)
大衆食堂「海猫食堂」の店主。

福田仙一 (リリー・フランキー)
喫茶店「山猫亭」の店主。

菊池史代(樹木希林)
幸、佳乃、千佳の大叔母(母方の祖母の末妹)。

はぁ、すごく良かった。もう一度観に行こう。仕事終わりの夜か、日曜の夜まったり心地いい気分になりたいときにおすすめです。心が洗われる気分です。

読んで頂いて、ありがとうございます。

●参照

※写真画像全て(C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

○予告

公式サイト

○参考に読んだおすすめ感想ブログ/サイト
大変だけど、生きよう 映画版『海街diary』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー
海街diary—感想・レビュー くそ映画学会
映画『海街diary』感想 – 琥珀色の戯言
こねたみっくす:『海街diary』 – livedoor Blog(ブログ)
「海街diary」 – みからなとろグつ
『海街diary』 小津をほうふつって本当? :映画のブログ
是枝裕和×菅野よう子『海街diary』インタビュー | ガジェット通信
菅野よう子の美しい音楽世界『海街diary』サウンドトラック – TOWER RECORDS ONLINE
【絶品】鎌倉・江ノ島で生しらす丼が食べたい-人気店3選【映画「海街diary」で話題沸騰】 – NAVER まとめ
[N] 【動画】広瀬すずが映画「海街diary」で見せた華麗なサッカーシーン

○LINE@はじめました!ブログの更新情報等をいち早く知りたい方是非友達登録お願いします。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

●記事を読んだ感想を書いてくれると喜びます!右下”コミュニティ”と書かれているアイコンから書き込めます(PCで見たときのみ現れます)

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク