#197 くちびるに歌を/誰のための歌か。

536
536

くちびるに歌を /満足度★★★★☆(4.5)kuchibiru/ジャンル:青春(学園)/132分/監督:三木孝浩/2015年/日本/配給:アスミック・エース

 

前進!前進!〜悩み苦しみながらも前を向いて生きていた15の君へ。〜

▼アンジェラ・アキ「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」MV 映画ver.

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

ストーリー説明
NewImage

産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。やがて、部員たちがつづった手紙から、それぞれが抱える苦悩や秘密が浮き上がってくるが……。

引用:シネマトゥデイより

○感想
NewImage

単なるガッキーツンデレ映画だと思ってました。すみません。
単なる「手紙」アンジェラアキPV映画だと思ってました。すみません。
単なる「二十四の瞳」を似せた感動を先生と生徒の絆を描いた感動をうりした映画でしょっと思ってました。すみません。

ガッキーの役名が、自分の姉と同じ名前だったことや自分が長崎出身だった(一応3才まで)こと、
そして周りの映画好きの評判が良いことや信頼している映画ブログのヒナタカさんが絶賛しているのを読んで観てみました。(映画の感想についてはこちらが素晴らしいので是非お読みください、自分は個人的に思ったこと書きます)

みんなの悩み 映画『くちびるに歌を』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

後、国分寺第三中学校の合唱部が練習に協力したそうで、昔住んでいたとこから近かったり、なんかいろいろと親近感のわく映画です。
新垣結衣、国分寺第三中学校をサプライズ訪問!撮影協力の生徒たちに感謝 : 映画ニュース – 映画.com

今年最高に泣いて、あやうく嗚咽が出るのを我慢してました。。初めの合唱のシーンから、なんか昔聞いたことのある歌で懐かしくて泣きました。

自閉症という障がいを兄に持つ少年。
幼くして母を亡くし、自分を置いて逃げていった父親を持つ少女。
そして、ある事情により自分のしていることに自信を持てなくなった、目的を見失った先生。

そのそれぞれの抱えている問題が丁寧に描かれていて、胸打たれます。

自分の存在意義って何でしょうか。

15才って、思春期の真っ最中ですよね。複雑な年です。自分の生きる意味とか、友達とか親とか兄弟とかいろいろいろいろ考えてしまいます。そして、その時考え抜いてきたことが、今の自分になっているのだと本当に思います。
というか、その頃と全く考え方変わっていないと思います。

15才の自分が15年後の自分に向けて送る手紙。自分もそういえば書いてた記憶ありました。いろいろ詳しく書くと自分の黒歴史を明かすことになるので書けやしませんが、、、

自分の存在を認めてくれるひとがいるか?
自分のしたいことをしているか?
自分自身を好きと言えるか?

なんて青臭い書いてました。。。。。。。恥ずかしくてごめんなさい。
後、中学校のときの卒業文集の夢は以下。

2015-03-08 19.09.07

それらを改めて読み返して、もうすぐ30になる自分、後2年ですが、そのときに15才の自分に堂々とちゃんとした回答できるかなって考えました。

誰もが好きなことを仕事にできるとは考えていません。少なからず挫折は多く経験してますし、そんな甘いこと考えてません。たとえ自分が好きなことでなくとも、自分ができることをやって誰かのためになっていればいいじゃないかって思います。

でも、自分のしていること、仕事が本当に誰かの幸せにつながっているかを考えて不安になることはあります。たとえ、青臭くたって、泥臭いことだって、真剣に”誰か”の笑顔になることをやっていれば何か届くんじゃないかって思います。それが堂々とできたとき、自分が生きている意義になり、15才の自分に上手く回答できる気がします。

最後には笑えたと言えてるように。

2015-03-08 18.59.31

映画の内容は、きっと中学生がみても共感できるものがあると思います。そして、大人の誰もが中学生の頃はあったと思います。だからこそ、それぞれの思い出とともに観れ共感できる内容だと思います。ここに出てくるひとりひとりがみんな悩みを抱えていてそれぞれ自分と向き合って懸命に逃げずに生きているんです。そこが苦しいほど伝わってくる。

作中の「何がきっかけでも、音楽に出会えたんだったらそれでいいじゃない」ということばには音楽への愛、「歌詞の意味を知らずに歌うなんて10年早いわ」には、音楽への真摯な想いも伝わってきました。
引用:▼みんなの悩み 映画『くちびるに歌を』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

好きなことをするのに、それをより良いものをするために頑張ることに、それ以上の”理由”なんていらないって。
そんな崇高な理由なんていらないなって思いました。

自分は映画が好きで、良い映画をもっといろんな人に勧めたいなって想いで書いてますし、映画のイベントとかも一応やってますが、正直自分の目的は映画業界の盛り上げなんて崇高なものではないです。ただ単に映画が好きなだけ。それを見た感動を共有したいだけ。

純粋な青春映画を見たいひとに、悩みをもって苦しんで青春時代を生きたすべてのひとに見て欲しい素晴らしい映画でした。ベタですが、直球だからこそ伝わる映画なのです。分かりやすくて、ご都合主義で何が悪い!

クサいからこそ、”青春”なんです。

NewImage

ガッキーのツンデレ具合を期待して見てもいいですよ!自分もガッキーに腹をトントンと叩いてほしいと思いましたし。。。動機は不純なものでもいいんです。現に自分が劇場行った時は5人組の中学生くらいの男の子たちが見ていました。初めはガッキー可愛いから良いって騒いでましたが、最後は静かに観ていました。誰もが何か感じる映画だと思います。

久しぶりにエンドロール、誰も立たない映画を観ました。

読んで頂いて、ありがとうございます。

▼マイバラード

●参照

○予告

公式サイト

○参考に読んだおすすめ感想ブログ/サイト
みんなの悩み 映画『くちびるに歌を』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー
『くちびるに歌を』15年後の自分へ歌う想い。 A | Emotion3.2
こねたみっくす:『くちびるに歌を』 – livedoor Blog(ブログ)
カノンな日々 : くちびるに歌を/新垣結衣、木村文乃
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 : くちびるに歌を

映画「くちびるに歌を」合唱部オフィシャルブログ Powered by Ameba

○LINE@はじめました!ブログの更新情報等をいち早く知りたい方是非友達登録お願いします。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

●記事を読んだ感想を書いてくれると喜びます!右下”コミュニティ”と書かれているアイコンから書き込めます(PCで見たときのみ現れます)

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク