私の映画関連情報の集め方&映画鑑賞方法

1dce4a5628021b3192190e63ac6244bc.jpg
映画はう 002
はじめに

下記を読んで面白かったので、参考になるかは分かりませんが、自分も少しどういった風に映画の情報を得ているかを書いてみます。

普段から使用している映画関連のアプリとかサイト、公開しちゃいます – A La Carte

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

私の映画情報収集方法

映画の情報をみつけるのは、メディアでいえば、テレビ、雑誌、ラジオ、ネットが一般的だと思います。

私はテレビに関しては、昔は王様のブランチで映画情報を得たりしてましたが、最近はめっきり見なくなってしまって、朝のめざましテレビのエンタメ情報で得るくらいですので省略。

雑誌

映画はう 001

雑誌は、キネマ旬報映画芸術映画秘宝SCREENとか有名ですが、正直たまーに、本屋行って立ち読みするくらい。

この4冊の勝手なイメージは、

キネマ旬報:歴史長い。手堅いイメージ。娯楽性のある映画と芸術性のある映画を兼ね揃えている安定感のあるイメージ。
映画芸術:その名の通り芸術系に強い。尖っているイメージ。下記ランキング見るとわかります。ひねくれ者が好きなイメージ。
「映画芸術」2014年日本映画ベストテン&ワーストテン決定 ! !: 映画芸術

映画秘宝:ゴシップ系、エンタメ系に強い。ザ・マニアック!男性が好きそうなイメージ。
SCREEN:洋画雑誌。なんかハリウッドスターのイメージ。

ラジオ(ポッドキャスト)

ラジオ(ポッドキャスト)で有名な方が映画の評論を聞くのも楽しいです。以下おすすめです。ライムスター宇多丸さんや町山智浩さんは本音で話してくれるので信頼できますし、聞くと観に行きたくなります。

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル: シネマハスラー
町山
TBS RADIO たまむすび: 町山智浩アーカイブ
TBS RADIO 954 kHz │ 伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!

鑑賞前後も楽しめる!映画について語られているポッドキャスト – NAVER まとめ

ネット(アプリ)/ブログ

昔は、Yahoo!映画を参考にすることが多かったです。
最近は以下のようなステマみたいなのがあったり、そんなに点数気にしない感じですかね。ただ明らかに2点台の映画は見ないようにしてます。。(あ、後映画の情報を前もってwikipediaなんかで観たらもう終わりですからね。完全にネタバレありきですから、ご注意を)

Yahoo!映画の『神様はバリにいる』のステマがひどすぎる件 カゲヒナタのレビュー

Filmarks」というアプリはよく使っています。気軽です。気になる映画はクリップしとけば楽です。忘れてもクリップすれば公開日に知らせくれます。魅力は以下書いていますのでお読みください。

映画レビュー | Filmarks(フィルマークス)
カテゴリ: エンターテインメント, ソーシャルネットワーキング

映画の公開日は映画.comの方もわかりやすいと思います。あとは、映画の周辺情報はシネマトゥデイで。シネマトゥディの記事はtwitter公式アカウントからか後述するPressoというアプリ経由で読んでいます。

映画.com
カテゴリ: エンターテインメント, ライフスタイル

cinemacafe.netはメルマガで購読しています。気になった記事があればサイトに飛んで読んでます。女性よりのサイトですかね。。NAVER まとめ、ciatr[シアター]というまとめ(キュレーション?)サイトもたまに読んでます。

映画 – NAVER まとめ
ciatr[シアター]|映画・ドラマ・アニメをもっと楽しく。

また、はてなブックマークのニュースアプリ「Presso」を使って”映画”というキーワードから気になった記事を読んでいます。はてなブックマークという大手サイトが手掛ける新しいニュースアプリです。もちろんはてなダイアリーなどはてなよりのブログなどが多く紹介されていますが、はてなブックマークとして後で読みたい!とつけた記事が3つくらい重なったとき、出るようになってます。なのでいち早く面白い記事が察知できるという利点があります。

Presso: あなたに合わせて記事を届けるソーシャルニュースアプリ
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント

お気に入りの映画ブログは以下で書いています。毎年いくつか紹介させていただいています。
11月と言えば好きなブログを告白する月〜私が好きな映画ブロガー〜/SF映画ベストテン
アニメ映画ベストテン/私が好きな映画ブロガー2

更新したのはほぼ全て読んでいるブログは、「お気に入り映画ブログ」ということでこちらのブログのサイドバーに挙げています。

公開前の洋画をいち早くチェックしたい&詳細の情報とニュースを知りたい方は、柳下さんが書いている「A LA CARTE」。邦画も含め面白い映画を知りたい方、そしてそれを観た後にネタバレを観て二度楽しみたい方は、ヒナタカさんの「カゲヒナタのレビュー」を見れば間違いありません。ちなみにお2人は私と同年代で普段から仲良くしてもらっている知り合いです。この2人のブログの何が良いかって、面白くない映画?さえもユーモアを持って書いていることにもあります。

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』感想、処女と変態のSM日誌、笑ったら負け。 – A La Carte
価値観のすれ違い 映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

本当に愛しているひとっていうのは、良い点も悪い点も含めてちゃんと見ている人だと思いますよ、私は。その意味で、悪い点をユーモアたっぷりで評価していることがお2人のブログを読み続ける理由の一つですね。映画は特に個人差が別れますから。自分にとって良い映画も良くなかった映画も楽しんだもの勝ちの広い心を持つことが大事だと思います。

あえて毒舌批評を読みたい方はこちらですかね。自分が好きな映画がdisられていると気分は良くないですが。
★前田有一の超映画批評★

他にも映画関係のブログは100個以上FeedlyでRSS購読しているので、また機会があればお気に入りをご紹介します。

手前味噌ですが、私のブログでも映画の感想書いています。基本的に好きな映画のみブログに挙げています。なぜ書いているのかは、単純に好きな映画のどこが良かったのか時が経つと忘れてしまうんですよね。。。よく皆さん詳細に映画のこと覚えていられるなと尊敬。後、どんな想いで書いているかは以下記事で書いてます。

また、Twitterは、リアルに感想が伝わってきてこれまた参考になります。映画好きの方はたくさん私はフォローしています。たくさんいるので、そのときの映画の盛り上がりが眺めて感じられます。公開直後の映画は直に感想が伝わってきますし、アカデミー賞の時期はそれ一色になります。お気に入りの方はたくさんいますが、また改めてご紹介できればなぁと思います。(ワーナーエンターテイメントジャパンさんや映画.comさん、TSUTAYAさんなどは本当に面白いツイートしているなぁって思います)私も好きな方のツイートはリツイートなどはしているので、もし気になる方は私のアカウントをフォローしていただければと思います。

公式がこれ!企業のおもしろTwitterまとめ! | 未来電子テクノロジー
グロースハックの観点から映画作品公式Twitter/facebookがほとんどうまく言ってない理由を検討してみる – A La Carte

あとは、Google+にて映画好き集まれ(^o^)丿というコミュニティを眺めていたりもします。

Google+のコミュニティ「G+映画部」を1年ぶりに復活させました! – A La Carte

レンタル映画のリリース情報のチェック方法はわかりません。何か良い情報源あれば教えてください。レンタル開始日知りたいとき多いので。TSUTAYAに行けばわかることですが。。。

私の映画の鑑賞方法

昨年末「映画ファン大忘年会2014」という映画ファンイベントを行った際、映画を実際にどう見ているかアンケートを取りました。

映画ファン大忘年会アンケート結果 001

映画好きからのアンケートということで、圧倒的に映画館&DVD購入が多いですが、その他に一般的な映画の観方である「TV」や「レンタル」もあります。また最近の兆候としてVOD(Hulu,U-NEXT,dビデオ,iTunesなど)、オンライン上で鑑賞するケースも増えているようですね。

以下私の映画の観方を中心に書いてみます。

映画館

家から映画館が近いというのも理由にありますが、半分くらいは劇場で観ています。気になる新作映画は映画館でいち早く観たい!というのもありますしね。SFやアクションなどは、やっぱり大画面で観た方が面白さが2倍にも3倍にもなります。

え、誰と観てるかって??もちろん一人が多いですよwww
ヒトリ映画最高です。以下の記事で書きました。

また、最近では映画館の楽しみ方もさらに広がっています。3D以上の臨場感が得られる4DXというのもおすすめですよ。4DXで観る価値のある映画というのは限られるかもしれませんが、相乗効果もあってより映画の価値が上がるものもありそうです。

どこの映画館で観るかというと、圧倒的に家から近いユナイテッドシネマで観ることが多いです。綺麗でかつ座席もゆったりとしていて快適に映画を観られます。金曜は1100円と安く観ることもできるところもあります。通常は映画会員になっているので大人1500円。ポイントも貯まります。auユーザーの方は最近ではスマートパスみたいなサービスもありますね。

他にも新宿ピカデリーやバルト9にも行くこともあります。

ユナイテッドシネマのようなシネコンで扱っていないようなマイナー、ミニシアター系映画を観たいときは他の場所に行きます。
新宿のシネマカリテや武蔵野館、テアトル新宿など。

行った映画館は、基本的にFrontbackというアプリを使ってログにしています。最近話題になっていないアプリではございますが、使い方はいろいろです。自分なりの一番いい使い方をして遊んでます。

http://frontback.me/p/AOmSHHWq

Frontback
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング

[K]ユーザー急増中!?iPhoneのフロント・バック両方のカメラで撮った写真を共有するSNSアプリ『Frontback』を改めてご紹介します – Knowledge Colors

シネコンなどのようにメジャー級のひとが入りやすい映画を扱っている映画館は増えていますが、ミニシアター系映画や名画座といったような昔からの名作映画を上映してくれる映画は残り続けて欲しいなぁと思います。

シネコヤといったようなおしゃれな空間を作って上映しているところもあります。
[シネコヤ]toppage

それとともに、映画館という空間をより楽しくする工夫もされています。以下のような世界の映画館面白いですよね。
こんな映画館なら通いつめたい!世界のステキな映画館10選 | STYLE4 Design

はたまた、「森の映画祭」のように野外で音楽フェスのように雰囲気を楽しむ映画の新たな楽しみ方を提供している活動もあります。そういった空間で映画を観るというのも面白いかもしれません。
夜空と交差する森の映画祭 2014

映画館以外の鑑賞方法

圧倒的に、iTunesが最近は増えています。400,500円で観たいときにレンタルできるところが魅力的ですね。返却する手間もないですし。かつ旧作も新作も含め、観たいと思った映画は大体あります。しかも、最近でも劇場で公開してたものもいち早く購入限定でリリースしてたりします。劇場で見逃してしまったけど、どうしても早く観たいというひとは、2000〜3000円くらいですが、買ってみるのもありだと思います。以下の映画は劇場公開と同時に、映像配信も同時にされているということを知り、家でダウンロードして観ました。あまり多くの劇場で公開していない映画などこういうのは良いですね。

▼#167 365日のシンプルライフ/モノが大切な何かを教えてくれる

ちなみに、自分はappleTVで家のテレビで観たり、iPadで観たりしています。

最近では、Amazonも動画配信されているので、気軽に映画を観る環境が整っていることはとても助かります。
Amazon.co.jp: Amazonインスタント・ビデオ – デジタル動画配信サービス

Huluも昔観ていたときもあったのですが、観たい映画がなかなかなく観なくなってしまいました。Huluは月額980円で見放題制で、自宅のテレビやipad、PC、iPhoneからでも観れて、途中からも再生できるのですっごく便利です。ドラマやアニメなど観たい人にはおすすめだと思います。
続きがみたくて止まらなくなってしまう海外ドラマ3選

動画配信は他にも、「TSUTAYA TV」「DMM.com 動画」「U-NEXT」などあるみたいです。
動画配信サービス徹底比較!

動画配信以外だと、これまた家の近くにあるTSUTAYAで借りることも多いです。昔はTSUTAYAでアルバイトしていたので、親しみもありますし。

テレビで放送されているのはあまり観ません。たまたまつけたらやっていて、そのまま観てしまったりはしますが、以下のようにテレビで映画をやる意義やターゲットも変化しているのかなと思います。

テレビ界再生のカギは「金曜ロードショーのテロップに発狂するネット民を無視すること」にある – ボンK日報

ちなみに、WOWOW、スカパーなどのCS放送は観た事ないです。

試写会

試写会の応募は、以下からですかね。平日かつ早い時間に多いのであまり応募はできませんが。。cocoはtwitterでログインすれば他に情報なく応募できるので楽で良いです。思っている以上に試写会は当たりやすいと思います。そのくせ、当日ドタキャンが4割以上いるらしいので、試写会開いている企業さんも頭を抱えていることだと思います。急に行ける人に対して譲れるシステムがあれば良いですね。

私は観た映画はちゃんと感想書きますので、、、、宜しければお誘い下さいませ[壁]д・)チラッ

試写会/プレゼント
映画試写会の応募 | Movie Walker
新作映画試写会とグッズや鑑賞券のプレゼント情報@ぴあ映画生活
試写会CLUB ~全国の新作映画試写会、劇場招待券プレゼント情報が満載!~
試写会情報とお得節約情報

おわりに

映画の楽しみ方もそれぞれあります。以下のように検定にてクイズのように楽しんだり、自分なりに感想を書いてみたり。。

そして、最近は人と実際に話せる場があります。実際に映画好きという共通点でひとと出会うのも楽しいです。年齢性別職業関係なく対等に話せますからね。そこが魅力です。

3.14に私主催の「映画に語ろう会」もやります!(宣伝)

第5回「映画について語ろう会」〜私の映画感想の発信の仕方〜 – 2015年初の「映画について語ろう会」は、少人数での開催で緩くとも、中身の濃い会にしたいと思います。参加した皆さんが新たな発見ができる会に。http://eventon.jp/257/

話したいこと、聞きたいことは以下のようにたくさんあると思うので、皆さんとお話ししながら新たな発見ができる場になればいいなと思っています。といいますか、私主催の会は、私が特段取るに足らない男ですが、参加される方は皆さん素敵な方ばかり。いつもその人たちに助けられている不思議な会。魅力的な人が集まって、その人たちを紹介できる場にもなれればなと思っています。

Screenshot 2015 02 22 00 25 48

私主催でなくとも、面白い映画のイベントありますので、今後もいろいろと発信していく予定です。

2015年「映画について語ろう会」の今後の予定
イベント主催とこれからのコミュニティのひとつのかたち〜「映画祭の作り方」というイベントに参加して〜
2015年「映画ファンの集い」のスケジュール、コンセプト、規模と場所、スピンオフイベントについて – A La Carte

映画情報源はたくさんありますが、なんだかんだ言って一番いいのは信頼する人たちに直接聞いて見ることだと私は思います。
おすすめ映画なんて、映画をたくさん見ているひと、映画大好きなひとに聞くのが一番。私はたくさんのひとにおすすめ聞いてきましたが、ほぼ間違いなく当たります。観たい映画が増えすぎて困るほどです。ネットでの口コミもありですが、直接対面してその人の熱を持っておすすめを聞くのは一番の刺激になります。

自分にとって素晴らしい映画との出会いにつながる、ひとつの参考になれば嬉しいです。

読んで頂いて、ありがとうございます。

●LINE@はじめました!ブログの更新情報等をいち早く知りたい方是非友達登録お願いします。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

●記事を読んだ感想を書いてくれると喜びます!右下”コミュニティ”と書かれているアイコンから書き込めます(PCで見たときのみ現れます)

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク