#188 ゴーン・ガール/”完璧な”○○

NewImage.png
NewImage

ゴーン・ガール  /満足度★★★★☆(4.5)Gone Girl/ジャンル:サスペンス(サイコスリラー)/149分/監督:デヴィッド・フィンチャー/2014年/アメリカ

 

これこそ、アメージングな映画!!!

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

ストーリー説明
NewImage

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……

引用:シネマトゥデイより

○感想
NewImage

2014年12月12日公開ですが、一部劇場で先行上映を行っていたので観に行きました。”完璧な”映画でした。
ネタバレはしてません。というかしません!!!せっかくの面白い映画なので、ネタバレなしで絶対観てほしいからです。難しい話ではないので、前情報なくて大丈夫です。とはいいつつもちょっとネタバレしないよう下記綴ります。かなりネタバレしたい映画なのですが。。。。。本当に純粋に映画を楽しみたい人は観てから読んで頂ければと思います。(何書いてもネタバレになりそうなので一応、、)

「セブン」「ファイトクラブ
ベンジャミン・バトン数奇な人生
「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー監督最新作です。

昨年末に、「鑑定士と顔のない依頼人」という傑作を観てやられましたが、今年も年末に素晴らしいミステリー映画を観ました。もう一度言います。”完璧な”映画です。文句なし”完璧”です。

簡単に言うと、行方不明の妻を探す映画。

そして、「夫婦」の話ですね。結婚とはなんぞやと考えさせる映画ですね。これは是非、新婚ホヤホヤの夫婦と、3年〜5年くらいたって、現実を知った(冷めた?)夫婦両方とも観てもらって感想を聞きたいですね。さらに男性側と女性側で意見も真っ二つに別れると思うので、お互いの感想も聞きたい。

ちなみにR-15ですから、オトナなミステリーとして捉えて下さい。

「結婚とは〜」という印象的なセリフが終盤にあるのですが、それも考え深いです。自分は未婚なのでまだ何も言えないですが、、、、、、、
恐ろしい。。。。。。。。。
何となく分かると思いますが、この映画は、デート向きではないのでご注意を。
『ゴーン・ガール』が遂に公開!絶賛続出だが、カップルで行くと気まずくなる…!?

男にとってはスリラー、女にとってはアドベンチャー。未婚者にとってはフィクション、既婚者にとってはノンフィクション
引用:映画『ゴーン・ガール』オフィシャルサイト

中山七里さんのコメントが観る人によって感じることが違うということを言い当てていると思います。

この映画は、ミステリー好きでも先が読めなくて楽しめると思います。どうなってしまうんだって先が気になってしまいます。ハラハラします。話が2転も3転も4転もしますから!149分と2時間以上ありますが、全然時間が長いと思いませんでした。

予告で流れているような出来事が映画の3分の1ですね。そこからが想像できない展開なんです。ちなみに、映画全部ではないと思いますが、ストーリー自体は、アメリカで実際に起こった事件がモデルになっているようです。(スコット・ピーターソン事件)

そして、こんなスリラー的かつシリアスな映画なのに、なぜか劇場でクスっと笑い声が。。。。そこもこの映画のスパイスです。もう通り越して笑えます。あまり言えませんが。。。可愛かったりもします。そんなワードが出るスリラー映画ってありますか。。。

世間(それを見ているその他大勢)の”情報”というのはすごいもので、恐ろしくもあります。マスコミやSNSなどで影響力のあるひとほど観て欲しい。そういうものに対する批判とかではなくて、そういうひとこそ、本当は躍らせられているのではないかって。。。

主演に「アルゴ」のベン・アフレックははまり役ですね。

そして、言わずもがな、エイミー役のロザムンド・パイクは本当にすごいです。確かにアカデミー賞女優賞くるかもしれません。それほど魅力的。
NewImage

今年傑作ミステリー映画でした。いろいろ考えさせられる普遍的なものをテーマにした映画でもありました。

【追記】
ネタバレ部分が非常に面白いので鑑賞済みの方は以下おすすめです。
『ゴーン・ガール』 すきなものだけでいいです

読んで頂いて、ありがとうございます。

●参照

○予告

公式サイト
Facebook
twitter

○参考に読んだおすすめ感想ブログ/サイト

【真相ネタバレなし】『ゴーン・ガール』感想、震えるほど恐ろしい真相、震え るほど恐ろしいクオリティ、なぜか笑えて最後は・・・ – A LA CARTE
世間の束縛 映画『ゴーン・ガール』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー
映画『ゴーン・ガール』に興味のない方へ: コエダメの情景
【30秒で読める映画レビュー】ゴーン・ガール(12月12日公開) | ヒガシアター。
ゴーン・ガール【映画】 – 本日、快晴。
『ゴーン・ガール』不協和音の先で。 ★★★★☆ | Emotion3.2
映画『ゴーン・ガール』のモデルになった殺人事件、スコット・ピーターソン事件とは | Ciatr[シアター]
シネマ・クレシェンド : 【映画】フィンチャー『ゴーン・ガール』はオスカー一番乗り?な面白さ
「ゴーン・ガール」あらすじと感想(ネタバレなし) | 映画の感想.com
ゴーン・ガール (2014)【映画】 | コタノト!
たまむすびで『ゴーン・ガール』 – 映画評論家町山智浩アメリカ日記
町山智浩 デビッド・フィンチャー最新作『ゴーン・ガール』を語る

●採点基準についてはこちら→映画感想(レビュー)の作法/映画ブログをやっていてよかったなー、という瞬間

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク