映画検定・映画感想文・映画クイズ/映画の楽しみ方いろいろ

スクリーンショット 2014-06-23 06.50.36
スクリーンショット 2014-06-23 06.50.36
はじめに

映画検定というのがあるのがご存知でしょうか。
第1回目が2006年にあり、私も、当時大学生ということもあり、時間もあったので、
2007年5月に受けてみた経験があります。

そんな映画検定、第9回目が11月にあるということで、懐かしいなぁと思いつつ眺めてみました。
自分の経験と、そこで得た情報について、つらつら書いてみます。

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

映画検定について
NewImage

映画検定とは

映画専門誌『キネマ旬報』のキネマ旬報社と同社映画総合研究所が、
「よい映画とは何かを知らずして、よい映画を観ることも、作ることもできない」という設立趣旨のもと行っている検定です。

第1回検定は2006年6月25日に実施されました。

映画検定とは

「映画検定」とは、映画の歴史・作品・俳優・スタッフ・業界などに関する知識をはかる試験制度のことです。
これをきっかけとして、日本が誇る映画文化の次世代への継承にも役立てればと思っています。
そして娯楽映画から芸術映画まで、「映画検定」が刺激になって、
もっともっと多くの人たちに見てもらえることを願っています。

出題範囲は、映画の歴史から作品・俳優・監督らスタッフ、映画技術、映画産業まで映画に関する知識全般まで多岐にわたります。

1級から4級まであります。

●1級(映画ファン達人コース。60問/45分)
映画全般を通して、あらゆる映画をあらゆる角度から問う。また映画史、映画用語、興行関連など映画周辺の知識についてもより深いレベルで対象とする。

●2級(映画ファン上級コース。60問/45分)
映画全般を通して、映画史に欠かすことの出来ない古典のみならず、B級作品、カルト作品も対象とし、映画についてのあらゆる角度からの知識を問う。映画史、映画用語、興行関連なども対象とする。

●3級(映画ファン初級コース。60問/45分)
映画全般を通して、映画史に欠かすことの出来ない古典、多くの観客を集めた作品、映画会社、監督、俳優、スタッフや簡単な映画用語についてを問う。

●4級(映画ファン入門コース。60問/45分)
若い世代の方を対象とし、2000年代以降の作品を中心に、映画史では欠かすことの出来ない古典や、監督、俳優、簡単な映画用語を含む、基礎知識を問う。
(各級とも、70%以上の正答率で合格となります。)

●1級・・・・4,900円
●2級・・・・4,500円
●3級・・・・4,000円
●4級・・・・4,000円

この資格を取得しても、映画界で働くことは出来ない。と思います。運が良ければ、TVで映画解説者になれるかも?

参考:映画検定 – 資格の王道

同じえーけんでも、英語検定とは違って、完全なる趣味です。趣味意外の何者でもない。そう、それが”えいけん”です。

自分の経験

2007年05月21日に、第三回映画検定を受験しました。その感想が昔のmixi日記にありましたので、以下そのまま転載いたします。

昨日、映画検定受験しました。

でもね、3日前くらいから、気づいたんだ!
ホントどーでも良い検定受けてるなぁって…。。。

なんかでも、試験中は解いてて楽しかったし、いっか♪
試験受けてる人も幅広い年代層だった。
でも学生らしい人が多い!

んー、、なーんも得もない資格だけに、みんな全然緊張感がない!! 良いねー!
入試や、TOEICのときは、みんな直前まで問題集とか見てるひと多いけど、始まるまで、みんな思い思いに、ぼーっとしてました。

ぼーっと。。

まったり。

ぼくも、ぼーっと小説でも読んでました。笑

問題は、半分くらいは確実に解けたんだけど、残り3割はどっちだったけーっていう問題、2割全然わからないやーって問題だった。
7割で合ってて合格なんだけど、家に帰って思い出しながら、自己採点してみたら(問題持ち帰っていけなかったから)、、
ぎりぎりかなぁって感じだった。。

ぎりぎり、落ちたかなぁって。。。
良い経験だったよ。みんなも受けて。笑

じゃあ、例えば、どんな問題が出たかというと、大体で…

【つぎのうちイビョンホンが出演していないのは?】

1 夏物語
2 甘い人生
3 純愛中毒
4 美しき野獣

とか

【つぎのうちアメコミではないものは?】

1 スパイダーマン
2 Xメン
3 Mr&Mrsスミス
4 コンスタンティン

【愛の流刑地、やわらかい生活などに出演している女優、寺島しのぶの母親が出演している映画を次のうちから選びなさい。】

選択肢は忘れちゃったけど、、
他にも最近のアカデミー賞の問題とか、4級だから割と最近の映画が中心。

中には、
「駅前シリーズ」はどこが配給したか?とかもあるけど。

落ちちゃったらいいや。

結果、落ちました。
でも、そのとき買った公式テキストに、見るべき映画100本というのがあって、クラシック作品中心なのですが、
そこで紹介されているのを7割くらい潰したのが、様々な映画を観る良いきっかけだったなぁって思いました。

第9回映画検定試験日が11月30日(日)に開催されるようです。

値段は少々かかりますが、暇つぶし?
映画について楽しむ良いきっかけになると思います。
興味ある方は受けてみても良いかもしれません。

というかですね、公式サイト観てみると、いろいろ面白いコンテンツがあるんですよね。

映画検定天才塾! ~第1回:アカデミー賞から映画を学ぶ~|KINENOTE

Facebookページはこちら

映画検定1級合格者による映画評もあるようです。

映画検定外伝 – livedoor Blog(ブログ)
小学生対象映画感想文

そして、小学生対象とした映画感想文があるというのも、映画検定のサイトのバナーからみつけました。
2014年夏行うそうです。小学生の方是非。。。。。

柏市の感想文受賞作を読んでみるとなかなか面白いですね。
「風立ちぬ」の感想が多いのは公開されたときに書かれたのだと分かりますが、それでも、小学生には難しい内容かなとは思いますが。
それでも、「ビル・カニンガム&ニューヨーク」の感想を書いている素晴らしい小学6年生もいたり、感心したり。

#152 ビル・カニンガム&ニューヨーク/ぶれない生き方

読書感想文もあれば、映画感想文もあっても良いなぁって思います。

また先日以下の記事も読んで、
是枝裕和、羽仁進、諏訪敦彦らが論じる手引書「こども映画教室のすすめ」発売 : 映画ニュース – 映画.com

面白いワークショップもやられてるんだなぁって初めて知りました。本当に観るだけでなくて、映画について楽しみ方はいろいろだなぁって感じました。

こども映画教室 | こども映画教室について
映画について語ろう会〜映画好き選手権クイズ大会〜

そして、手前味噌ですが、2週間後に私が主催するイベントについてご紹介。
7月6日開催、「第3回映画について語ろう会」というイベントを開催します。

この会の内容のひとつに、
映画好き選手権クイズ大会というの行う予定です。

どちらかというと、映画検定のように、「知るか!」というコアなものよりはエンタメ的な要素を含んだ問題を用意したいと思ってます。(もちろん、ジブリをメインテーマにしてますので、その辺のクイズも)

そして、賞品も用意する予定です。

まだ、参加募集もしておりますので、興味ある方は以下で申し込みしてみてください。

イベントページ

▼申し込みしてみる!(キャンセルも可能です。)

読んで頂いて、ありがとうございます。

2つの映画好きを集めたイベント(OFF会)に参加して。
映画感想(レビュー)の作法/映画ブログをやっていてよかったなー、という瞬間
映画鑑賞が趣味の人に是非おすすめしたいアプリ!「Filmarks」という映画アプリについて
11月と言えば好きなブログを告白する月〜私が好きな映画ブロガー〜/SF映画ベストテン
ヒトリ映画館のススメ。

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク