【ジブリ映画好きも大募集】第3回映画について語ろう会プレゼンテーマ一部ご紹介

10fb1c29104ca650478d8dcf7cb5f4ee.png
スクリーンショット 2014 06 08 16 42 19
はじめに

この前、告知させて頂いた、7月6日開催、「第3回映画について語ろう会」。
1ヶ月を切りましたので、再度当日の内容の詳細、特に今回はお話頂けるプレゼンのテーマをご紹介します。

映画が好きな方是非お読み頂き、検討して頂ければと思います。

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

「第3回映画について語ろう会」デザインできました!
2014 06 02 07 09 27 2

今回も、ロゴは日浦さんさんに作ってもらってます。

sun sun sunny | Haruko Hiura’s Blog

色が、オレンジでPOPで気に入ってます。

2014 06 08 16 04 58

名刺は、お会いしたとき方に、配りたいです。
また、会場のCASE SHINJUKUさん、会場付近の映画館、早稲田松竹さんのところにも置かせて頂きます。

プレゼンテーマ(一部)ご紹介

7月19日に公開されるジブリ映画「思い出のマーニー」。

NewImage

※ポスターの新ビジュアル (C)2014 GNDHDDTK
参照:ジブリ新作「思い出のマーニー」、Wヒロイン版ポスター公開 新キャストも発表 – ねとらぼ

【恒例】夏のジブリ祭り開催 金曜ロードSHOW!で「思い出のマーニー」公開記念で3作品を連続放映 – ねとらぼ

日本テレビ「金曜ロードSHOW!」では、
「思い出のマーニー」公開記念で、
7月4日→「もののけ姫」
7月11日→「となりのトトロ」
7月18日→「借りぐらしのアリエッティ」

が放映される予定になっています。

そんなわけで、自分の中では、夏の始まりは”ジブリ”というイメージなので、「思い出のマーニー」公開前ということで、
今回メインテーマを”ジブリ”にしたいと考えてます。

そこで、メインのプレゼンをして頂ける方が今のところ、以下のお2人。

映画ブログ「A LA CARTE」を書いている、柳下修平さん @shuhei0919y

そして、映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」を書いているヒナタカさん @HinatakaJeF です。

私の好きな映画ブロガーさんなのですが、ジブリ映画についてもとても詳しいんですよね。ということで簡単にご説明します。

「A LA CARTE」柳下さん

柳下修平さんは、ブログ内で、映画解説『風立ちぬ』編とい連載コラムを作り11本も記事を書かれている程、映画の隅々まで詳細に分析リサーチされています。客観的な視点、ときに感情的な意見を書いている記事が印象的です。また好きな映画をとことん何度も観るスタイルが印象的。何と言ってもその幅広い映画知識とリサーチ力がすごい。

個人的に、以下の記事の視点が面白いなぁと思いました。
『風立ちぬ』と『もののけ姫』、宮崎監督の得意技という視点での比較論 /『風立ちぬ』連載コラム7 – A LA CARTE

また、柳下さんは、映画と音楽は切っても切れない関係にあると思うほど音楽を重視されているなと思われます。
こんな記事も書かれてます。

みんな大好き!久石譲の名曲、私的お気に入りベスト20! – A LA CARTE

私は、久石譲の「ジブリ・ベストストーリーズ」を何となく作業用で聞いていて、「アシタカとサン」が非常に気になって、良くわからないですけど、涙が出てしまったので、最近は、「アシタカとサン」がベストです。

ちなみに、柳下さんのネットワークで、宮崎駿監督作品でアンケートを取った結果なども公表されています。
Twitterで実施した映画アンケートの結果!「ジブリ」「桐島」「ダークナイト」「アナ雪」「悪役」etc… – A LA CARTE

私の方でも、”ジブリ映画の中”で好きな作品ということで、アンケート取ってみたいなぁと考えてます。

柳下さんは、今回もトップバッターでお話頂こうと思ってます。

「カゲヒナタのレビュー」ヒナタカさん

そして、ヒナタカさん @HinatakaJeF について。

ヒナタカさんは、「ゆるめに真面目にツッコむ映画レビュワー」として、All About(オールアバウト)にて映画ガイドとして執筆中だったり、
またファミ通などで、取材ライターなどもされています。

最近はこんな記事も。
宮崎駿監督“引退後”の初仕事 三鷹の森ジブリ美術館“クルミわり人形とネズミの王さま展”をリポート – ファミ通.com

ヒナタカさんの記事の印象は、まずとても”丁寧”です。一つ一つの記事がセリフや演出の一部分まで丁寧に書かれて、かつとても読みやすい文章です。そして、ときに、毒のある記事も書いてることも逆に正直で、かつ視点が業界の人よりではなく、一般よりなので自分のいいたいことを代わりに言ってくれるので、読んでいて気持ちが良いです。

最近では、以下の様な記事を書いてますが、詳細なネタバレもありますが、読んでみると逆に気になって観たくなります。

ツッコミどころが怪物級 映画「モンスターズ MONSTERZ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

また、ジブリで言えば、世間を騒がせたことで新しい、チャゲアスのPV「On Your Mark」についての記事も書かれてます。
私、こういった所までは知らないので、とても観たくなりました。ジブリとはいえ、メジャーじゃないところまで、ちゃんと観て、それを伝えるべく書かれているのがヒナタカさんの記事の特徴です。

チャゲアスのPV「On Your Mark」は今でこそ観るべき“復活”を感じさせる作品です! カゲヒナタのレビュー

こんな視点もさすがです。笑
あまのじゃくなジブリ映画レビュー カゲヒナタのレビュー

ヒナタカさんの文章はヒナタカさんにしか書けない魅力があります。だからこそ、一つ一つの記事にたくさんのコメントもあるのではなと思います。

ジブリ評

そんな2人ですが、当日は、もちろん、それぞれの視点での”ジブリ愛”について語ってもらおうと考えてます。

ちなみに、私はジブリについて恐らく、普通の方と同じくらいしか知らないので、今回自重します。以下くらいしか書いてませんですし。
#123 かぐや姫の物語
#112 風立ちぬ
#028 崖の上のポニョ

ちなみに、柳下さんと、ヒナタカさんの最近のジブリ記事も。同じ映画だけど、視点が違くて面白いです。

◯「風立ちぬ」

『風立ちぬ』総括 “魅力と欠点” / 『風立ちぬ』連載コラム8 – A LA CARTE
ほかの人にはわからない 映画「風立ちぬ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

◯「かぐや姫の物語」

『かぐや姫の物語』の感想!高畑勲最高傑作であり、ジブリ史に残る超傑作!【映画紹介/2013年公開作】/”Kaguya-hime no Monogatari (The Tale of Princess Kaguya)” – A LA CARTE
罪と罰の意味 映画「かぐや姫の物語」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

◯(おまけ)実写版「魔女の宅急便」

恋するフォーチュンクッキーの替え歌で実写版『魔女の宅急便』感想を書いてみる・・・ – A LA CARTE
ぜんぶが魔法 実写映画版「魔女の宅急便」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

自主制作映画も製作されている神谷さんによる「カメラワークの話」

もちろん、このイベントは、「ジブリ映画について語ろう会」ではなく、様々なジャンル、映画の観方を語る会なので、ジブリ映画だけではありません。

自主制作映画「それから、」を製作された神谷さんも、こういうカットはどうやって撮っているのかというのをご自身の実践例を元にお話頂くことになりました。

私が鑑賞した感想は以下へ。是枝監督のように日常を描いていて、ノスタルジーあふれる映画です。

2つの映画好きを集めたイベント(OFF会)に参加して。 | Tunagu.
神谷正智・正倫監督・脚本の映画で、家族をテーマにした映画です。 …

会場が、早稲田大学付近ということで、是非早稲田大学の映画研究会の方にも来てもらいたいです。

なかなか普段は、カメラの撮り方や演出方法などを気にして映画を観ることはないと思います。
逆にそういった視点で観れば、さらに映画を楽しめるということ。技術面から映画について知りたい方是非。

小津安二郎はあまりにも偉大すぎた……『東京家族』東京物語との比較—感想・レビュー くそ映画学会

「トーキョー映画館番長」のたなやんさんによる「新宿映画館情報」

そして、嬉しい事に、「トーキョー映画館番長」のたなやんさんにも今回お話頂けることになりました。東京都の映画館の、座席表の中で、見やすい席(ベストポジション)を教えてくれるサイト(アプリ)を運営されています。スクリーンサイズが大きい映画館 ベスト5など非常に面白い視点で”映画”について書かれています。

映画館で映画を観る派の方は分かるかと思いますが、席によって観方って変わってきます。座席が狭かったり、またはスクリーンが右寄りだったり、席が低かったり。そういったことを前もって知るための参考になると思います。

最近では、『anan』の特集にインタビューが掲載されたそうです。

当日は、会場がやはり新宿付近なので、”新宿の映画館”について語って頂きます。新宿で映画を観ることが多い人にとって参考になるお話が聞けるんじゃないかと思います。少なくとも私は新宿映画派なので聞けるのを楽しみにしてます。

トーキョー映画館番長 : 『anan』の“東京”特集にインタビューが掲載されました!

その他以下6作品の映画をプレゼンしてくれる人募集中!

スクリーンショット 2014 06 08 16 57 37

会場付近の唯一の名画座映画館、早稲田松竹さんのところにも、名刺チラシ等を置いて頂くことになりました。

劇場案内 | 早稲田松竹

そこでの今後の上映情報を観てみると、

6/14〜6/20
マチェーテ・キルズ
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー

6/21〜6/27
17歳
鑑定士と顔のない依頼人

6/28〜7/4
エブァの告白
ハンナ・アーレント

7/5〜7/11
ラッシュ/プライドと友情
バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち

7/12〜7/18
LIFE!
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

7/19〜7/25
アメリカン・ハッスル
ダラス・バイヤーズクラブ

参照:今後のラインアップ

熱い、熱すぎるラインアップじゃないか。自分の好きな映画がたくさんあります。

#137 キック・アス ジャスティス・フォーエバー/カッコ良い!楽しい!爽快!こういう映画好き!(前作込の感想です)
#127 鑑定士と顔のない依頼人/その愛は贋作なのか?

#130 ラッシュ/プライドと友情/友情の話というより、2人の価値観と生き様に震える
#144 ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う/バカだからこそ愛もある
#135 ダラス・バイヤーズクラブ/必死に生にしがみつく人生は素晴らしい

ってことで、今回、勝手にコラボしたいなぁって思ってます。
当イベントが7/6なので、その付近に上映されている映画について”熱く”語れるひと募集します!!!!

「ラッシュ/プライドと友情」
「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」
「LIFE!」
「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」
「アメリカン・ハッスル」
「ダラス・バイヤーズクラブ」

の上記6作品が対象です。できれば2人くらいお話して頂ければと思います。

ヒーロー映画プレゼンしてくれる人募集中!

映画について語ろう会 002

以下の記事で書かせて頂きましたが、
2つの映画好きを集めたイベント(OFF会)に参加して。

柳下さん主催イベント「映画ファンの集い」において、今のところ今年ベストの映画は?という企画がありまして、
意外や意外、同立2位に「アメイジングスパイダーマン2」「キャプテンアメリカ ウィンター・ソルジャー」が上がってました。

Twitterで実施した映画アンケートの結果!「ジブリ」「桐島」「ダークナイト」「アナ雪」「悪役」etc… – A LA CARTE

「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」も今年公開、そして最近では、「X-MEN:フューチャー&パスト」も評判高く、「アベンジャーズ2」や「マン・オブ・スティール」の続編も公開も予定されています。
2014年上半期は、ヒーロー映画が熱かったのでは?と思いました。

てなことで、”ヒーロー”映画について語れる人大募集です!!!

マーベルに限るつもりはありません。
「バットマン」「スパイダーマン」「Vフォー・ヴェンデッタ」「X-MEN」といった鉄板はもちろん、
この際、自分が思う”ヒーロー”映画というテーマで何でもありで語って下さい!!!

SmaSTATION!!の企画に昔あったように、ハリーポッターや、フォレスト・ガンプ、スターウォーズ、マトリックス、ゴットファーザー、ターミネーター、ロッキー、ダイ・ハード、レオンなどでも構いません。

5分程度で、”熱く”お話できる方2人くらい募集してます!

ちなみに、柳下さんの会、以下も募集されてます。
6/28 映画ファンの集い – TwiPla

もちろん、当日テーマが変更される場合もございますが、
こんな風なテーマなら聞きたいなぁ、あの人が参加されるなら参加したいなぁなどありましたら、是非教えて下さい。交渉します。

おれにも、私にも、ジブリについて話させてくれと言う方ももちろん、募集です。
特に女性ならではの視点でお話頂ける方大募集!!

プレゼンのスクリーン

NewImage

会場のCASE SHINJUKUさんでは、今度、大型スクリーンが設置されるみたいです。

今回は、このスクリーンを使ってプレゼンもありです!もちろんなしでも構いません。動画を使ってのプレゼンもあり。
著作権の問題もあるのであれですが、予告編とかは流せると思います。

ちなみに、CASE SHINJUKUさん、
CASEで応援! 2014 FIFA W杯「日本vs.コートジボアール」というイベントを開催するみたいです。

盛り上がりそうです。

詳細について

■日程:7月6日(日) 17:30〜21:00(17:00〜会場)
※翌日が仕事学校な方がほとんどだと思いますので、21時には撤収します。

■会場:CASE SHINJUKU(JR山手線、地下鉄東西線、西武新宿線「高田馬場駅」から徒歩1分)
※昨年11月にOPしたばかりのお洒落できれいなスペースです。詳細はこちら

■定員:〜50人
■対象:映画好きな方(※ただし映画愛のある方) 
※人見知りの方歓迎です。私自身人見知りですので。

■料金:4,000円(未定ですが、2週間前くらいまでには必ず確定してご連絡します。当日現金にてご支払いお願いします)
※イベント当日は、食べ物や飲み物ご用意してありましてそれ込みの料金です。各種お酒やソフトドリンクもご用意致します。

■内容:
◯「私の”映画愛”伝わってますか??〜LTトーナメント〜」
→一部のひとが話し、それを聞くスタイルです。

◯「2014年上半期上映映画みんなのBest3を決めよう!!」
→参加者全員が参加する企画(ゲーム)です。

◯「テーブル毎テーマトーク」
→予め嗜好の合う映画好き同士で固まって座ってもらい、テーブル毎に楽しくお話してもらおうと工夫します。2度ほど席替えもしてたくさんの人と懇親してほしいと思います。

応募される時に、イベントをより楽しく参加して頂くために、簡単なフォームをお願いしております。後ほど考えてから回答したいという方は、応募されるときは空欄でも構いません。その際はご連絡先をご記入して頂ければと思います。再度フォームお送りします。

〈参照〉

昨年、9月に第1回目、そして今年の3月に第2回目を開催しました。どんなようなものか、雰囲気は以下記事をご覧下さい。

申し込み

詳しくは以下リンク先申し込みフォームへ。

少しわかりにくいかもしれませんが、黄色い「チケットを申し込む」ボタンからチケットを1枚選んで頂いて、進んでもらえると、
そこから、twitter、facebookなどにログインして頂ければ申し込みできます。簡単なフォームありますので、そちらについては後日記入で空白でも構いません。3日前まででしたら、キャンセルOKです!!!気軽に申し込んでみて下さい。また途中参加もありです。相談下さい。

宜しければ、応援もお願いします!!

会場が遠い、予定がある等来られない方も、宜しければ応援お願いします。
当日はtwitter、また後日ブログでイベントについては紹介したいと思います。

▼こちらにアクセスして頂き、応援して頂けるとありがたいです。
映画好きを集めたイベントを開催して、映画の良さをもっと広めたい!

20人集まれば拡散されます。

終わりに

普段周りやネット、メディアでは聞けない映画ファンによる映画の”熱い”話が聞けるチャンスだと思います。
もしお時間合うようでしたら、是非気軽にご参加お願いします。

参加予定の方には、イベント近くなりましたら、また詳細をご連絡したいと思います。具体的なイベント内容、当日参加者に合わせたトークテーマ内容、イベント会場地図などです。
なお、その他ご心配なことやご質問等あれば、以下までご気軽にお聞き下さい。

お問い合わせフォーム
mixi
twitter
facebook
tumblr
google+
◎yukke.1006あっとまーくgmail.com

もしお時間合うようでしたら、是非気軽にご参加お願いします。
ご友人の方とのご参加、もちろんお一人での参加もお待ちしております。
映画好きな皆様とお会いして楽しくお話できることを楽しみにしてます。

読んで頂いて、ありがとうございます。

▼申し込みしてみる!(キャンセルも可能です。)

▼スポンサーリンク