映画感想(レビュー)の作法/映画ブログをやっていてよかったなー、という瞬間

スクリーンショット 2014-03-29 22.21.32
スクリーンショット 2014-03-29 22.21.32
はじめに

大学生のとき、観て良かった映画や読んで良かった本を誰かに話したい!と始めた本と映画の感想ブログ。
今じゃ、映画本だけでなく、自分が実際に体験してきて大変だったことや、感じたことを分かりやすく伝えようと雑記的なブログになってますが、
特に、映画は141本とレビューを書き続け、本の104本と大分差がついてきました。

本の感想を書くと、読者だけでなく、著者から直接ご連絡頂けたりして感激なのですが、映画の感想について書くと、
好きな映画がマッチしたとき”感動”が共有され、さらにその映画も好きになります。他のひとの感想、観方、考え方を聞くとその映画をより深く知ることができますし。

そんなことで、最近は、Filmarksというアプリやcocoなどのようなwebサービスなどにより、より簡単に映画の感想を書きやすくなっていますが、今回は特に私の映画の感想の基準や書き方を中心に書き綴りたいと思います。

映画鑑賞が趣味の人に是非おすすめしたいアプリ!「Filmarks」という映画アプリについて

また、「最近、ブログをやっていてよかったなー、という瞬間」という記事を書いているブロガーさんがいるので、それも便乗して、「映画ブログを書いてきて良かったなぁ」と思うことを書いてみます。

以下参照。
ブログをやっていてよかったなー、という瞬間(OZPAの表4)
ブログをやっていてよかったなー、という瞬間(すみっこの記)
ブログをやっていてよかったなー、という瞬間 (R-style)

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

いろんな映画の感想の書き方

私はひとの映画の感想読むの大好きなので、ブログやYahoo!映画などのレビューを良く読みます。
他にも、Youtubeの動画を使って映画を紹介されている方や、好きな映画についての伝え方は様々です。

一番良いのは当たり前ですが、自分が一番伝えやすい”方法”を使うことです。型にはまる必要はないです。
映画をたくさん観るひとは共感してくれると思うのですが、たくさん観ると、何年か経つと「あれ?あの映画すっごい好きだったけど、どういう所で感動したっけ?」とか「あの映画友達に勧めたいけど、どう説明すれば良いか分からなくなってしまった。。。。」とか「映画好きだけど、好きな映画をぱっと人前で言えない」とかそういう場面に出くわしたことがあると思います。

そんなとき!!!どこかに自分が観た映画の感想を書いてたり残してあると非常に便利です。

Facebookやmixi、twitterなどのSNSで書き綴るのもありですが、いかんせん一覧性がない。。。探したいときに探せないのがネックかなぁと思います。
なので、他の方の映画感想の仕方をいろいろと見ていきましょう。そこで自分にはまるのがあれば、型を”パクる”のもありだと思います。
いろんな人の良いところを取り入れて、自分の”型”を作っていくのが楽しみのひとつだと思います。

自分はたくさんの人の書き方をパクっています。ただリスペクトありきですので、、、、

ちなみに、こんなブログ記事もあります。
映画感想文の書き方教えます – Hagex-day info

以下参考に挙げていきたいと思います。

Yahoo!映画/amazonを使った映画感想

映画情報 – Yahoo!映画
ここで書いたこともありました。
ちなみにこちらです。
【ネタばれ】「自分は不幸だと思っている人にオススメ。」 嫌われ松子の一生/ユーザーレビュー – Yahoo!映画

DVDなどamazonでレビュー書かれているひともいますね。

Filmarksを使った映画感想

NewImage

最近はこれをいろんなひとにおすすめしています。
Filmarksというアプリです。
詳しくは以下参照ください。
映画鑑賞が趣味の人に是非おすすめしたいアプリ!「Filmarks」という映画アプリについて

例えば、あかねちん☻さん(@akaneskylark)の感想はとっても分かりやすいです。
こういう記録の取り方、感想も良いなぁと思います。

cocoを使った映画感想

NewImage

自分は使ったことないのですが、cocoというtwitterを使ったwebサービスもなかなか一覧性があって良いなぁと思いました。
twitterを主に使っているひとにおすすめですね。

点数で評価

点数で評価する映画感想は、「前田有一の超映画批評」さんが有名です。100点満点評価で結構辛口だったりして面白いです。
★前田有一の超映画批評★

「ノラネコの呑んで観るシネマ」さんは、劇場で観る映画の金額が評価額ということでレイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点で評価されていて面白いです。
ノラネコの呑んで観るシネマ

動画を使った感想

こういうの良いなぁと思ってたんですが、もう更新されてないですね。。。悲しい。
発掘!シネマタイム

ネタ系映画ブログ

「破壊屋」さんのブログ。「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」など、過激な意見も多いですが、納得しちゃうので面白いです。最近の、渋谷PUBクロールやってみました – 破壊屋ブログ『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』をひとりでやっちゃう感じも面白いです。
破壊屋ブログ

視点がオリジナルでエンタメ性のある語り口調の感想

「映画感想 * FRAGILE」さん。とっても!!すばらしい映画ブログです。とにかく読みやすいんですよね。女性ならではの視点がいいんですよね。毎回の記事がとても丁寧。文章もとっても読みやすく、いつも更新を楽しみにしてるブログです。映画の紹介の際の画像のセンスが良かったり、ブログ全体のデザインが読みやすくて好きです。デザインはところどころ、真似して私の映画ブログに取り込んでます。。。それほど良いブログなんです。許してくれるかな。。。。。
映画感想 * FRAGILE

「ultimate-ez.com」さん。こちらもデザインがとっても良くて読みやすいです。更新されるとどんな映画でも読んでしまいます。一つの映画にかける感想が事細かでとっても参考になるんですよね。こちらも真似したいなぁと思うブログ。
ultimate-ez.com

絵で表現する感想

「小学生映画日記」さん。小学生が!!!!絵を使って映画紹介。これはすごい。絵が上手いんです。天才だな。
小学生映画日記

他にも絵が超絶に上手いブログがあったのですが、最近更新されていなくて、忘れてしまいました。。。紹介したかったのにショック。

映画館座席などを考察

「トーキョー映画館番長」さん。これは他にはないブログです。渋谷・新宿・池袋・有楽町・日比谷・銀座・六本木・横浜など、東京都・神奈川県の映画館(劇場・シアター・シネコン)の、座席表の中で、(自分的に)見やすい席(ベストポジション)を教えてくれ、参考になります。
トーキョー映画館番長

映画鑑賞方法などを綴る

「Make A Discovery 」わんまっつさん。映画について語ろう会の主催メンバーのひとりです。映画についての感想というより”観方”の面でとても面白い記事を書かれてます。
こんな記事や体感型シネコン「イオンシネマ幕張新都心」に行ってきました(座席表あり) | Make A Discovery
こんな記事など私が映画を倍速で観る理由 | Make A Discovery
詳細に書かれてます。

Make A Discovery – ノマド投資家の発見ブログ

ちなみに私も観方の話を書いてます。

ランキングを作る

「空中キャンプ」さん。年末にやる企画、「20○○年の映画をふりかえる」シリーズが有名です。映画のランキングを作るというのも面白いと思います。書けばその人の嗜好が分かりますし。
空中キャンプ

ちなみに私も年末は必ず書いてます。

ネタバレ解説もある感想

実際にお会いしたことのある「カゲヒナタのレビュー」のヒナタカさん。ゆる~い映画レビューがメインと言われてますが、かなり詳細に読みやすく書かれてます。大分書くのに時間が書かれているというお話も聞きました。このブログのいいところは、ネタバレなし+ネタバレ感想をちゃんと分けてあるところです。だから私はここでネタバレなしを読んで、気になったのは観て、その後またブログのネタバレ読みます。つまり2回観るブログなのです。ところどころ愛のある毒もあったりで人となりの出る感想だと思います。コメントも多いですし、ファンも多いブログだと思います。
カゲヒナタのレビュー

「1年で365本ひたすら映画を観まくる日記」さん。内容が濃いですね。ネタバレや解説など充実してます。映画レビューの他に、映画の制作裏話なども書かれていて読んでしまいます。
1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

「三角絞めでつかまえて」さん。ネタバレありですが、独特な視点で読んでて面白いです。最新映画も多くて観る際の参考にしてます。
三角絞めでつかまえて

公開前鑑賞を書く

こちらもお会いしたことのある、柳下さんの「A LA CARTE」という映画を主にしたブログ。日本にいながらも日本未公開の海外の映画を観られてて、最新映画をいち早くチェックするならここです。また最近は、「オススメ3本ピックアップ!」というシリーズもやられてて観る際の参考にしています。3本というのが味噌で1本でも好きな映画が出てくると他のを見たくなります。後、お気に入りの映画についてとことん詳しく書かれていて勉強になります。最近はアナと雪の女王ですが、インセプション、ダークナイトの考察なども興味深いです。好きな映画を何回も観るひとにおすすめな書き方ですね。
A LA CARTE

「シネマ・クレシェンド」さん。こちらも日本公開前のものや、未公開作品まで書かれてます。海外に住まれている方ですね。参考にしてます。
シネマ・クレシェンド

こちらの記事でもご紹介したブログと重なってますが、他にも紹介しきれてないおすすめブログあるのですが、またの機会に。
11月と言えば好きなブログを告白する月〜私が好きな映画ブロガー〜/SF映画ベストテン

自分の映画感想について

映画感想の基準

じゃあ、ここで自分はどういう映画感想を書いているかというと、ちゃんと基準もあったりします。まずはその”基準”の話から。

詳しくはレビューを100個書いたときに以下に書いたのですが、

簡単に言うと、まず満足した映画しかブログに書きません。私がつまらないと思った映画でも、他の人がみたら、ものすごい面白い映画かもしれませんからという理由からです。
後、単純にそのとき観て面白くないなぁって思っても後々また観たときに面白いと思う映画もあるからです。

一応自分が忘れないように、以下のように満足度もつけています。

満足度5 ★★★★★(僅かです。5をつけた映画は年に多くて5,6本だと思います。)
  ・感動の映画。人生の宝物。
  ・衝撃的。
  ・この映画で人生が変わったかもしれない。
  ・何度も見たい! いや何度も観る!!!DVD買うわ!!!

満足度4.5★★★★☆(人に勧めたくなる映画)
  ・映画を見て得るものが何個かあった。
  ・見終わった後、考えさせられた。
  ・見る価値あった。期待以上。
  ・ひとに勧めたくてうずうず。。。
  ・もう一度観たい。

満足度4★★★★(一番多いかもしれません)
  ・映画を見て何か一つでも得るものがあった。
  ・娯楽映画多し。
  ・好きなとこがひとつはある。(アクションや映像、音楽、ストーリー、出演者など)
  ・基本1回見れば満足だが、TVで放送されてたら観てしまうかも

満足度3.5★★★☆(たまーに書きます)
  ・エンターテイメントとして面白い。
  ・期待通りの面白さ。
  ・見て損はなかった。ただ1回見れば十分かな。
  ・基本、人には勧めないけど、ひとによっては臨機応変にすすめる映画(ハマる人はハマるという意味で)

ブログに書くのは上の4個の中のどれかです。満足度3.5★★★☆ は余程出ない限り書きません。というのは、映画を数多く見てきて”選別眼”がついてきたこと(つまりこれはハズレだなとかわかってくる)、
また映画好きの友人が増えたので、その人がすすめる映画にハズレが少ないことなどあり、満足度3.5★以下の映画を観ることがあまりないからです。

とはいっても、数多く映画を観てれば、自分には合わない映画もあります。つまらない映画を観たときほど”不満”をひとに言いたくなる気持ちもわかります。観た鑑賞記録としても残したいところ。
なので、そんなはけ口はFilmarks
ここでは、自分は主に鑑賞記録としてつけていますので、基本過去みた映画などは書きません。どれだけ観たのか、またつまらなかった映画なども一言添えて気軽に記録してます。

更新するタイミング

一番良いのは、観た後すぐだと思います。映画見終わった後、良かったね!!って言いたいときがあります。その熱さで書いてしまうのが一番です。
しばらく経ったら内容も忘れてしまいますし、一番熱い想いを持ったそのときこそ、書くタイミングです。
でも、ちょっと寝かすパターンもあります。いろんなひとの感想を聞いて、ふつふつと自分ならではの書きたいことが見つかるパターンもあります。

執筆時間

私の場合、1~2時間が多いですが、はじめのほうは感想を5行くらいだけ書いてたときもありました。初めはそんな力を入れた感じではなくそんな感じで良いと思います。

映画感想ブログについて

私は、ご覧になられている通り、ブログを根幹として映画の感想を書いています。
デザインなどが自由にできるという理由で、WordPressというサービスを使って、自分のドメイン、サーバーを用意して書いております。

詳しくはこちら▶#002 WordPress自作テーマ”ほぼ”完成。

手段はWordPressなのですが、書く型もあります。いろいろ試行錯誤したのですが、今の形に落ち着いてます。
初めの60個くらいはただ単に思ったことをつらつらと書いていました。それから人に読まれるように、また自分も後から読み直せるように工夫しました。
意識したのは以下のこと。

○誰に向けて書いているのか???誰におすすめなのか???

できるだけ、誰にはまりそうな映画かを意識して書くようにしてます。というのも例えば男性を対象に作った映画を女性に勧めても、また、子ども向けに作った映画を大人に勧めても、満足行かないのは当たり前だと思うからです。(子供向けに作ってても大人が観て感動する映画もあります。この辺はシオン=ソルトさんのブログが詳しいと思います)

また、この映画が好きな人は、あの映画も好きだろうなぁとか。反対に、あの映画が好きなひとはこの映画お勧めです!っていう書き方もよくします。
例▶#060 オーロラの彼方へ

後、誰と観るべき映画かも書きます。
カップルで見ても冷めてしまう映画もありますからね。あまりにも下ネタが多くて家族で見てヒヤヒヤする映画もあります。下ネタ多いのは友達どうしで観る映画ですよね。
重い映画は一人で観ることをおすすめしたりします。それを分かりやすく説明したりもします。

○ジャンルを書く。

上記と重なるのですが、ジャンルも詳しく書いておくと良いかなと思ってます。人によってはジャンルで観る映画が偏るひともいると思うからです。
自分は、SFやヒューマン、ミステリーが好きなのでその辺の映画はどうしても注目してしまいます。父と息子の感動の映画なんて言ったら見たくなるお父さんもいると思います。
ちなみに、父と息子の感動の映画のおすすめは、#032 ライフ・イズ・ビューティフル#063 リアル・スティール#128 人生、ブラボー! とかあります。

男のための恋愛映画は、#062 (500)日のサマー ですよね。
ゾンビ映画ならこれとか、笑ってすかっとする映画とか、タイムトラベルものとか、映像がオシャレな映画、詐欺映画とかエンドロールが素敵な映画とか、たくさん映画を見ているひとはいろいろ芋づる式に出てくると思います。そういうのをまとめるのもありだと思います。

パニック映画▶#114 ワールド・ウォー Z
ジブリ▶#112 風立ちぬ

ちなみに、どんなとき(楽しみたいとき、泣きたいとき、笑いたいとき、考えさせる映画を見たいなど)に観たい映画なのかも書くと良いと面白いです。

○おすすめポイントを一言で何個か挙げてみる

これ簡単でおすすめです。
ストーリー、役者、音楽、映像、心に残るセリフなどを「おすすめポイント5個挙げます」的に箇条書きに書くと書きやすいです。
後は、詳細を後に続けて書いていけば、それらしくなります。。。。分かりやすいですしね。

#138 地獄でなぜ悪い/はちゃめちゃでなぜ悪い?そこに映画愛があるからいいの!
#130 ラッシュ/プライドと友情/友情の話というより、2人の価値観と生き様に震える
#126 SPEC〜結〜爻ノ篇

○他の人の意見、感想も(ブログやメディアなども)

時に、他のひとの感想などを引用したり、リンクを貼ったりします。自分では気づけない視点などありますからね。最近は、アナでたくさんリンク貼りました。
プロのライターさんの心に残った言葉を引用するのもありだと思います。もちろん引用箇所は分かるようにして。
映画/レビュー – Yahoo!映画

#136 アナと雪の女王/音楽と映像は最高!ただ”真実の愛”については苦言。。

○賛否をちゃんと分ける。辛口な意見も、理解が深まる。

同じく、アナと雪の女王の記事を書いた際、好きなとこは好き、納得いかないことはそこもちゃんと書きました。そうしたら、それに対する違う意見も頂いたり、そういった建設的な意見の言い合いは楽しいです。

#136 アナと雪の女王/音楽と映像は最高!ただ”真実の愛”については苦言。。

○予告やサントラなども貼ってしまえ!

Youtubeには公式に映画の予告やサントラを流してたりします。アナと雪の女王もディズニーが本編映像とともに主題歌を流してますよね。これ公式なので、貼ってしまいます。
やっぱり口で伝えるよりも、映像で見せたほうが面白さが分かったりしますからね。
でも、製作側の一方的な意見だけじゃなくて、観た側の客観的な意見を書くことが一般の人の感想の意義だと思ってます。

#100 レ・ミゼラブル
#101 Vフォー・ヴェンデッタ

○画像も貼ってしまえ!!

これ、色々意見別れると思われます。映画の画像を使うのは著作権違反だ!!とか。著作権の問題は非常にデリケートで難しい問題ですが、基本自分は構わず貼ってしまってます。影響力あるひとは叩かれるかもしれませんが、基本的にこの映画を勧めたいという映画愛が裏にあるので、貼った方が雰囲気が伝わると思えば貼ってます。

#109 モンスターズ・ユニバーシティ

聞いた話だと、映画comなどで載っている画像は公式に許可を得た画像なので使ってもさほど問題ないだとか。もちろん二次利用に関しては詳しくないのであれですが。。

○簡単にストーリー説明

自分だけが盛り上がってても、観たことない人にはちんぷんかんです。なので簡単にストーリーを書くと分かりやすいです。wikipediaとか引用したりとかでも良いと思います(リンク貼れば)
個人的には、映画感想 * FRAGILEさんの雑なあらすじが好きです。笑 分かりやすいので。

○一言感想

同じく、映画感想 * FRAGILEさんの一言感想が好きです。映画の面白さを一言で言える割と便利です。そんなに長々とひとの話を聞いてくれないですからね。私のブログは長いので特に一言で言って、その後は特に読まなくてもいいような感じにしたりもあります。

○ネタバレについて

これは神経質なひとが多いので。。。。。。。ちゃんと書いておいたほうが無難です。自分は基本的にはネタバレは書かないです。ネタバレが一番書きたい所なんですけどね。それとなく読んでもさして影響しない程度にほのめかしたりはします。

○感情を出すこと。

結構多用します。基本話言葉です。かしこまって書くのは難しいと思います。どうせニュースみたいに老若男女多数に見られるわけじゃないので、友達とか家族に話すみたいに書いてます。
例えば「感動した!!!」「すごい泣いた」「これかなり笑ったよ」「今年一番の映画だ」「絶対見て」とかそんな軽い感じです。そっちのほうがつらつらと良さを論理的に伝えるより心にくるなと。

○タイトルにも工夫

下記の記事から、一言タイトルに感想を書くようにしました。そうしたら、かなり検索経由で見てくれるひとが増えました。これもまたもや映画感想 * FRAGILEさんのパクリです。(真似しすぎてごめんなさい)
初めのうちは、タイトルと書いた映画感想の連番だけつけてあえて管理しやすいようにしてたのですが、検索でヒットすることが多くなってきた昨今、他の感想との差別化の一貫で書いたところ、以下の記事は初めてだったのですが、「鑑定士と顔のない依頼人」で検索すると1ページ目に載ることもありました。

#127 鑑定士と顔のない依頼人/その愛は贋作なのか?

○アマゾンやiTunesもリンク

アフィリエイト(金目的)かといったら、それもありますが、私のブログみたいな弱小ブログはそれで収益得られるほどでもありません。
ただ、本来のアフィリエイトの意義は、興味がある人に向けてそれに関連した商品をクリックひとつで見れるようにすすめること。そういった意味での親切だと思ってます。
ただ単純にリンク貼ると見栄えいいですし、iTunesの映画リンクはあると読んですぐ観たいと思ったら、その場ですぐに見れるので良いかなぁと思ってます。

○他の監督作品のご紹介

ひとつの映画を見たら、芋づる式に観たい映画が見つかります。やはり同じ監督の作品はそれが手っ取り早くみつかります。

#097 ジャンゴ 繋がれざる者
だとタランティーノ監督作品を書いたり、

#129 麦子さんとは、吉田恵輔監督映画の他のおすすめを書いたりしました。

○ちょっとした情報を書く。

上記もそうですが、海外作品なら原題で何っていうかとか、何分の映画か(長い短いは自分は結構大事な情報)、キャストは誰で、製作秘話とか書く視点もありだと思います。細かい視点は特に男性が好きなので好まれると思います。

観る前に前知識があるとより作品を楽しめるなぁと思うときは、見る前に簡単な予備知識(これから見ようとする人へ)を書いたりします。
#102 ぼくたちのムッシュ・ラザール

○観た劇場、座席など

LEGO® ムービーで書いてみました。というのはSNSでつながっている知り合いがたくさん同じ時間同じ劇場で見てたという事実があったりしたので。面白いなぁっと。

#141 LEGO® ムービー/大人も子どももサイコー!!!

映像の見やすさとか書くと後々その劇場で観るひとの参考にもなると思います。

おわりに〜映画ブログをやっていてよかったなー、という瞬間〜

映画の感想を書くのは、面倒だったりするかもしれません。またとあるブロガーさんには映画ブログは観る時間があるから基本書かない、最新作などは検索されやすいから書くなどの意見ももらいました。
いやそうじゃないんです、確かにアクセス数とかは良くないかもしれません。映画を観る時間や書く時間も結構かかります。でも!!!映画好きだから単純に誰かに勧めたいじゃん???好きなものをひとに伝えたいという想いですよね。

また、映画について自分の意見を書くとひとからいろいろ話が膨らんだり、盛り上がります。そのひととも仲良くなります。そういうツールだったりもします。
映画のブログを書いていてよかったなーという瞬間はやはり自分が勧めた映画を実際に見てくれてすごい良かったと言われることですね。

また、直接メールで感想をもらったときなどは、ひとりではしゃいじゃいました。読んでくれているひとがいるんだなぁって感動します。

そして、映画のタイトルでググったら、自分の感想記事がヒットしたときはまた嬉しいです。


、、、、、これは違うわ。。。。(今調べてみたら、とうとう2ちゃんねるを越して1位になってますた。。。笑)

映画を作ることはできなくても、好きな映画をすすめることができる!それだけでサイコーなのです!!!
#141 LEGO® ムービー/大人も子どももサイコー!!!

少しでも多くの人の、”熱い”映画愛の話が聞きたいなぁと思う昨今でした。

読んで頂いて、ありがとうございます。

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク