#023 タモリ/タモリの3つの名言

NewImage.png
はじめに。
NewImage

私のブログのカテゴリーのひとつに、「名言集/尊敬する人」というのがあります。
理想のひとの言動を書くことによって、少しでもそのひとに近づければなぁという想いで書いていました。
今までで22人を紹介してきました。

ただ、最後の更新が2009年で止まってます。カッコイイなぁっと思う人、尊敬する人、いい言葉はたくさんあったのですが、
ブログに書いてませんでした。
(「タモリ論」も見てたのですが、、、)

今回書く好きな芸人のひとりタモリさんの名言も、前々から書こう書こうと思いつつも書かず終い。
でも、昨日(2014年2月16日)いいとも増刊号で林修先生との対談のコーナーを見て、タモリの名言の”裏の話”を聞いて、改めて感化されたのと、

以下の記事で所さんの名言を読んだりして、タモリの名言について自分も忘れないようにブログに書いておこうと思いました。

ちなみに、私も所さんの名言は以下に書いております。

#004 所ジョージ

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

タモリの名言
NewImage

林修先生が好きなタモリさんの名言ということで、3つ紹介されてました。

友達はいらない。諸悪の根源である

「『友達100人できるかな』とかいう歌が嫌いだ。
何が誇りなんだ!友達の数が多ければ自分の人生が豊かになるなんて、とんでもない勘違いだ」

友達が集まって団体になると楽しいけど、結局、その“輪”以上のことができないような気がする。
まずは、ひとりになることが良いと思う。

ひとりになること=人間の価値が低いなんて、おかしい。」

それに気づいてからテレフォンショッキングで友達の輪というのをやめたという話はさておき、この話はタモリさんは番組で何度も話しているのを聞いたことあります。
もちろん極論ではあるのですが、LINE外しなんかも最近では社会現象になっていて、極度にひとりになることを恐れていることひとに対しての温かい言葉だなぁって思います。

友達ありきで、自分がいるのではなくて、まず自分がいるということは忘れてはならないことだと思います。
友達に合わせて、自分の好きなことをやらない、抑えるのではなくて、たとえ気持ち悪いとか思われようと、自分がやりたいことを突き詰めること、
自分と見つめ合うこと、その時間を作ることの方が若いうちは先決ではないかって想いだと思います。

協調性を持つなという意味とは全く違うと思うのですが、ひとに合わせなければ”楽”ですし、自然と後から、他のひと、友達にも興味がわくわけだから、
無理して友達つくろうとしなくてもいいよっていう意味だと解釈してます。

自分も結構こどものときは、周りの目を気にしてましたし、友達も多いわけではなかったですが、その分今いる友だちはとっても大切なひとばかりです。

やる気のあるものは去れ!

「ラジオをやっている最中、その年の初め名言を言おうと思って用意したのが、『やる気のあるものは去れ!』
仕事感にも通じるものがあって、『頑張ってしたいと思います!』というやつはまず暑苦しい。やる気のある奴は物事を中心しか見ていない。面白いことはその周辺にあるわけでしょ。
ちょっと外れたり、ちょっとずれていたり、それに気がついていない、やる気のある奴は。視野が狭くなる、見えていない。」

これは一番有名ですよね。たとえ、やる気があったとしても、それをひとに悟らすなという意味でもあるかもしれません。

自分が一直線に向かっている目的でさえ、それが正解だともわからないですし、自分のやっていることが正しいと思っていても、
周りからしてみたら、単に邪魔になっていることも多いにあります。だからもっと、冷静になって周りを見て、ときには寄り道しながらも、
もっと楽しもうよ
という、これまた優しい言葉だと私は思いました。

いわば、英語の「take it easy」
の日本語版のユーモアのある言い方ですね。

また、この話の続きに、
仕事は自分の好きなことをやるか?ということに対しての話もありました。

若いうちは選んでられないんですよね。だからいろんな来る仕事をやっぱり一応やってみるということも大切なことですよね。
やりたいことがみつからないというけれども、当たり前。やってみてわかってくる。無駄なことばっかやっておいたほうがいい。若いうちは無駄ない。

ちなみに仕事論はこちらにかかれてます。
「twitter」でタモリの仕事論が話題に! | ロケットニュース24

私のような有段者になると酒を一滴も飲まずに泥酔状態になれる

中学2年生の時に初めて、酒を飲まずに“泥酔状態”を体験したという話でした。金持ちの友人の家の別荘に数人で泊まった時「掃除も料理も何もかも楽しくて」とテンションが上がりっぱなしで、子どもながらに酒に酔ったような状況が続き、翌日海にボートを出してみんなでボートから飛び込んで遊んでいると、
タモリさんは泳ぎながら「俺って泳げないんだ」ということに気づいた、という話。

これは名言なのかはわかりませんが、イイ落ちでした。

夢中になれば、何でもできるということですかね。1日中酔った感じで楽しく生きれれば一番良いですね。
その憧れなのかもしれません。タモリさんの人生観がわかります。

参考(wikipedia):タモリ

おわりに。

3つの名言をご紹介しましたが、芸人タモリのすごさが分かる動画をご紹介して終わります。

以下の記事の2つの動画は傑作です。弔辞はとても有名ですが、いつ見ても泣けますね。。
最高の”芸人”だと思います。

【いいとも終了】ということでタモリのとてつもない凄さが分かる2つの動画を見直した – My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

人間って「自分がいかに下らない人間か」ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな。

個性がありながら、自分を殺して相手を立てることができる、そして自然体で良いと認めてくれる
そんな”芸人”タモリの名言の紹介でした。

読んで頂いて、ありがとうございます。

参考(他の尊敬する人、名言)

今まで書いてきた、記事一覧です。

#001 チャップリン
#002 西きょうじ
#003 上山博康
#004 所ジョージ
#005 古田敦也
#006 相田みつを
#007 渡邉美樹
#008 YUI
#009 内藤剛志
#010 中村俊輔
#011 中谷彰宏
#012 櫻井和寿
#013 司馬遼太郎
#014 佐藤可士和
#015 笹井厚志
#016 アインシュタイン
#017 下柳剛
#018 伊藤真
#019 黒澤明
#020 柳井正
#021 イチロー
#022 菅野美穂

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク