#124 キャプテン・フィリップス

NewImage.png

NewImage

キャプテン・フィリップス 満足度★★★★☆(4.5)Captain Phillips/ジャンル:ヒューマン(伝記) 134分/監督:ポール・グリーングラス/2013年/アメリカ

 

感動の実話とかそんな主題の映画じゃない。壮絶な体験をした4日間の男の映画

NewImage

2009年ソマリア沖で一般の乗組員20人が乗るコンテナ船(武器は一切ありません)を、海賊に襲撃された実話です。船長のフィリップスは他の乗組員を守るため自ら人質となります。身代金を要求する­海賊と漂流した緊迫の4日間を描いた作品。

自分は好きな映画でした。ただ万人に勧めできるといったら、そうではない映画です。
実話だからこそ、その背景にある国際問題、貧困問題、政治的な問題にケチをつけるひとは必ずいるからです。
(そもそもなぜソマリア沿岸で、海賊が活動しているかについて掘り下げるために描いた作品じゃないと思います。そんな社会派映画じゃないです。)

NewImage

また、この映画は、エンターテイメントの映画ではないです。
実話だから、勧善懲悪の映画でもないんです。船長が、海賊に襲われて、人質にされても勇敢に闘い生きる感動の物語ではないんです。
だから、号泣するために映画を見たいというひとや、まして、カップルでデートの一環としてこの映画を見るというものでもない気がします。
スカッとする映画ではないということは認識しておいたほうが良いです。
(現に、私の隣にいたカップルは、映画の途中でも何度も話たり、変なとこで笑い、エンドロールが流れた瞬間足早に出て行きました)

じゃあ、どんな映画だというと、生きるために必死に選択をする船長と海賊の闘いの映画なんです。
なので、2時間の間始終緊迫とした場面になってます。気を緩む時間もありません。

人質に取られた船長の家族の心配するシーンとかありません。それを助けるアメリカの海軍や、ソマリアの海賊のボス側の心理や事実などはクローズアップされないです。
狭い空間の中で船長と海賊だけをリアルに描いてます。

NewImage

そして、この映画が素晴らしいのは、なんといっても、トム・ハンクスの演技です。
誠実で責任感は強いフィリップス船長。その苦悩、生きて帰れないと悟った男の表情。
最後のシーン。

演技を見て、決して感動の涙ではなく、何ともいえない気持ちでうるっときました。すごすぎです。

作品をそこまで選んで出演しないトム・ハンクスらしいのですが、今回の作品は素晴らしい。
トム・ハンクスの映画は結構好きです。

「ビッグ」「フィラデルフィア」「フォレスト・ガンプ 一期一会」「アポロ13」「ユー・ガット・メール」「グリーンマイル」「キャスト・アウェイ」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ターミナル」
が好き。
#041 ターミナル
#031 キャスト・アウェイ
#020 フォレスト・ガンプ 一期一会

134分あっという間に終わってしまった映画でした。

「アルゴ」とか、「ゼロ・ダーク・サーティ」が好きな人は良い映画だと思います。
#095 ゼロ・ダーク・サーティ
#093 アルゴ

どうでもいいですが、「24」のジャックだったら、素手でも、すぐ脱出して解決しちゃうんだろうなぁって考えてしまいました。
現実は、そう簡単に行かなくて、ひとを殺すという選択ひとつにしても、相当な重圧な中にあるんだなぁと思いました。
このニュースは知らなかったのですが、結末どんな結果になるか知らないで見たほうが良いと思います。

読んで頂いて、ありがとうございます。

●参照

公式サイト

○予告

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク