#102 ロスジェネの逆襲/池井戸潤

NewImage.png
NewImage

満足度★★★★(4.5)

やっぱりサラリーマンの心を熱くさせる本でした。

▼後で読む。


前置き

池井戸潤さんの本は企業小説が多くて、若干難しそうに見えるのですが、人の心情とか細かく書いてあって、リアルで一気に読んでしまいます。

今までのレビュー

3年前、直木賞を「下町ロケット」で取ってから、「空飛ぶタイヤ」「鉄の骨」「シャイロックの子供たち」「七つの会議」に続いて6冊目です。

#075 空飛ぶタイヤ/池井戸 潤
#098 七つの会議/池井戸潤

”池井戸潤”作品リスト

果つる底なき(1998年9月 講談社 / 2001年6月 講談社文庫)
M1(2000年3月 講談社)
【改題】架空通貨(2003年3月 講談社文庫)
銀行狐(2001年9月 講談社 / 2004年8月 講談社文庫)
銀行総務特命(2002年8月 講談社 / 2005年8月 講談社文庫 / 2011年11月 講談社文庫新装版)
MIST(2002年11月 双葉社 / 2005年7月 双葉文庫)
仇敵(2003年1月 実業之日本社 / 2006年1月 講談社文庫)
BT ’63(2003年6月 朝日新聞出版 / 2006年6月 講談社文庫)
最終退行(2004年2月 小学館 / 2007年5月 小学館文庫)
株価暴落(2004年3月 文藝春秋 / 2007年3月 文春文庫)
金融探偵(2004年6月 徳間書店 / 2007年7月 徳間文庫)
不祥事(2004年8月 実業之日本社 / 2007年8月 講談社文庫 / 2011年11月 講談社文庫新装版)
半沢直樹シリーズ
オレたちバブル入行組(2004年12月 文藝春秋 / 2007年12月 文春文庫)
オレたち花のバブル組(2008年6月 文藝春秋 / 2010年12月 文春文庫)
ロスジェネの逆襲(2012年6月 ダイヤモンド社)

銀行仕置人(2005年2月 双葉社 / 2008年1月 双葉文庫)
シャイロックの子供たち(2006年1月 文藝春秋 / 2008年11月 文春文庫)
空飛ぶタイヤ(2006年9月 実業之日本社 / 2008年8月 実業之日本社Jノベル / 2009年9月 講談社文庫)
鉄の骨(2009年10月 講談社 / 2011年11月 講談社文庫)
民王(2010年4月 ポプラ社 / 2013年6月 文春文庫)
下町ロケット(2010年11月 小学館)
かばん屋の相続(2011年4月 文春文庫) – 文庫オリジナル
ルーズヴェルト・ゲーム(2012年2月 講談社)
七つの会議(2012年11月 日本経済新聞出版社)
ようこそ、わが家へ(2013年7月 小学館文庫) – 文庫オリジナル
参照:wikipedia

太字が、読んだことある、ドラマで見たことあるものです。

著者の小説は、現実の会社をモデル(ネタ)にした話が多いので、今回はどの会社なんだろうってちょっと考えちゃいました。そこが面白いです。

・空飛ぶタイヤ→自動車会社のリコール問題(三菱自動車)
・半沢直樹シリーズ→銀行の内部問題(三菱銀行)
・下町ロケット→ロケット開発の町工場、特許問題(三菱重工、パナソニック?)
・鉄の骨→ゼネコンの談合問題

・ロスジェネの逆襲→IT企業の企業買収問題(楽天、ライブドアなど)

◆ざっくり要約!

銀行の子会社「東京セントラル証券」に出向した半沢直樹。2004年、株式証券取引市場が舞台になります。

業績が伸び悩んできつつあるIT企業の雄、「電脳雑伎集団」の社長が、「東京セントラル証券」へ、ライバル会社でカリスマ社長が率いる「東京スパイラル」を買収したいという相談をする。
そこから、東京中央銀行が、そのチャンスを横取りしたり、あいも変わらず理不尽な組織と、そこで本当の目的を見失わず生きる会社員の奮闘を描く小説です。

第二部の伊勢島ホテル再建の話が120億。今回は1500億円の企業買収の話です。M&A、敵対的買収などといった規模が大きい話でした。

◆内容について。

ロストジェネレーションとは、バブルが崩壊し、企業の倒産、リストラを続いて、就職口を見つけるのが困難な時期に就職した(いわゆる就職氷河期)ひとたちのこと。
一方バブル世代は、1980年代後半~1990年代初頭に大量採用された人たち。
その2つの世代が対立する話。

そして、
電脳雑伎集団と、東京スパイラルというIT会社。
2つの会社は、恐らく、”楽天”と”ライブドア”をモデルにしたんじゃないかなぁって思います。

やっぱり、名言もたくさんあります。

「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」

「仕事の質は、人生そのものの質に直結しますから」

そして、今回の本の主題の世代論について。

「どんな時代にも勝ち組はいるし、今の自分の境遇を世の中のせいにしたところで、結局虚しいだけだよ。
ただし、オレが言う勝ち組は、大企業のサラリーマンのことじゃない。自分の仕事にプライドを持っている奴のことだけどさ。」

「世の中を儚み、文句をいったり腐してみたりする。でもそんなことを誰にだってできる。いつの世にも世の中に文句ばっかりいってる奴は大勢いるんだ。
だけど、果たしてそれになんの意味がある。例えばお前たちが虐げられた世代なら、どうすればそういう世代が二度と出てこないようになるのか、その答えを探すべきじゃないか」

「正しいことを正しいといえること。世の中の常識と組織の常識を一致させること。ただ、それだけのことだ。ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価される。そんな当たり前のことさえ、いまの組織はできていない。だからダメなんだ」

「仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事をするようになる。自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。そういう連中が増えれば、当然組織も腐っていく。組織が腐れば、世の中も腐る。わかるか?」

自分の出世のことだけ考えて仕事している人や、出世を諦めてただお金を得るために安住している人。見てて何となくわかります。

仕事をする上で、選択に迷うとき、優先順位を考えるときはたくさんあります。そんなときは、原点、基本に返って、自分が正しいと思うことを、ほどほどにやれば良いかなぁって思います。

半澤みたいに自分の考えを貫き通しても疲れるし、だからといって、右から左に仕事をこなしても単なる”作業”になるし、面白くないし、自分が思うことを信じて必死に生きることは忘れちゃいけないことだなぁって思いました。

◆終わりに。

ドラマの半澤直樹。あのラストがあるから、この作品があります。
やっぱり期待を裏切らず、すっきりする小説でした。

映像化するなら、やっぱり映画化かな。。
「半沢」物語はまだ10分の1  続編は・・・~インタビュー(3)〈週刊朝日〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

次回作の「銀翼のイカロス」も楽しみです。
「モデルは某元国営航空会社の経営再建を手掛ける半沢直樹のその後の活躍を描く物語」だそうです。
JALかな?政治とカネの問題もあって、さらにスケール大きくなりそうで、ドロドロしてそうで期待大。

半沢直樹続編『銀翼のイカロス』がすごい!(池井戸潤) – NAVER まとめ

読んで頂いて、ありがとうございます。

◆目次◆

第1章 椅子取りゲーム
第2章 奇襲攻撃
第3章 ホワイトナイト
第4章 舞台裏の道化師たち
第5章 コンゲーム
第6章 電脳人間の憂鬱
第7章 ガチンコ対決
第8章 伏兵の一撃
第9章 ロスジェネの逆襲

◆著者情報◆

池井戸潤(いけいど・じゅん)
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、この作品のシリーズ前作となる『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』などがある。

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク