#118 遠い空の向こうに

NewImage.png
NewImage

遠い空の向こうに 満足度★★★★★(5)October Sky ジャンル:ヒューマン 108分/監督:ジョー・ジョンストン/1999年/アメリカ

 

向かう道は違うけど、どこかでつながってるんだって、父と息子の在り方に泣ける

○今すぐ見たい!!
iTunes – 映画 – 遠い空の向こうに(字幕版)

◆ざっくり要約!
遠い空の向こうに – Yahoo!映画

4.6/5-Yahoo!映画 – Yahoo! JAPAN
5/5-Movie Walker
3.9/5-TSUTAYA DISCAS TSUTAYA DISCAS

あらすじ:アメリカ合衆国、ウエスト・ヴァージニアの小さな炭坑の町の高校生4人がロケット研究に夢をかける実話。

一言感想。
NewImage

自分の中で、
何度も見たい泣ける映画Best10に入るかもしれません。

シーンを思い出すだけで泣けます。

この映画昔から知ってはいました。でも、なんだか”感動映画”の模範的な感じがして見るのを躊躇していました。
でも、実話だからというのもありますが、感動を押し付けるような感じの演出ではないです。伝えすぎない感じもあり、見終わった後余韻が残ります。
映画館で見たいなぁ。。

それだけ、大切な映画に出会えた気がしました。

▼後で読む。

▼スポンサーリンク

●どんな人が(誰と)見ると楽しめるか?
NewImage

夢に向けて、何かを挑戦して挫折してしまった人。
夢を持った息子がいるお父さん。

一人で見ても、誰と見てもOKだと思います。

◆見る前に簡単な予備知識(これから見ようとする人へ)
NewImage

原題の「October Sky」とは、「10月」とは世界初の人工衛星、ソ連のスプートニク1号が打ち上げられた1957年10月のことです。
アメリカを震撼させた出来事らしいです。

そしてその「October Sky」は、原作の題名「Rocket Boys」のアナグラムになってます。
「October Sky」を入れ替えると「Rocket Boys」になるということです。

今月10月に見る映画としてぴったりです!
偶然にもこの映画を10月に見れてよかったです。

●感想。
NewImage

炭鉱町が舞台です。

日本の『フラガール』も炭鉱が舞台でちょっと似ています。
#016 フラガール

『リトル・ダンサー』にも似ているそうです。(まだ見てないですが)

大きく宇宙をテーマにしたのならば、宇宙兄弟に似てますね。
#067 宇宙兄弟

友情なら「スタンド・バイ・ミー_に似ています。

この映画がいいのは、
”夢”だけがテーマではない所。

友情、教師と生徒の絆、そして父と息子の関係。
2時間も満たない映画なのに、どれも素晴らしく描いているからです。

特に、夢を追いかけてロケット作りをしようとする息子と、
炭鉱で必死に働く父親の対比。

父親の姿を見て、少し軽蔑して違う道を行こうとする息子。
その息子が終盤で言うセリフ。

博士は僕のヒーローじゃない

このセリフの重さは、映画を見ればわかります。

父親と息子。違うけど、やっぱり”同じ”。

父親は、生き様を口ではなく、背中を見せて見せるとはこのことだなぁって想いました。

最近見た「そして父になる」も父親と息子がテーマでした。
#117 そして父になる

(余談ですが、最近みた映画で言えば、
「マン・オブ・スティール」の育ての父親が息子を想って、自分を犠牲にするあのシーンも良かったです。)

どちらもいい映画です。

小さい筒のロケット。
そのロケットがまっすぐ高く飛んで行く。
雲を突き抜けて、遠い空の向こうに。

それだけ見るだけですごく感動する。なんでだろう。

その一つの筒にいろんなひとの想いがつまっていて、それが開放される、そんな清々しい気持ちが起こるからかなぁ。
ただ、まっすぐ飛んで行く事がどれだけ難しいことか、わかっているだけにこのシーンを見るだけで感動します。

夢を持つことの大切さは知ってます。夢を達成することも大事です。
でも、それよりも、その側にどれだけの人が温かい気持ちで見守ってくれているか。そこに心動かされます。

ベタな映画ではあるんですね。。でも期待を裏切らないものが確かにあります。
それが実話だからこそなのかもしれません。

ジョー・ジョンストン監督

『ミクロキッズ』 Honey, I Shrunk the Kids(1989年)
『ロケッティア』 The Rocketeer (1991年)
『ジュマンジ』 Jumanj(1995年)
『遠い空の向こうに』 October Sky (1999年)
『ジュラシック・パークIII』 Jurassic Park III(2001年)
『オーシャン・オブ・ファイヤー』 Hidalgo (2004年)
『ウルフマン』 The Wolfman (2010年)
『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』 Captain America: The First Avenger (2011年)
参照:wikipedia

監督の映画は『ジュマンジ』だけ見てました。

私が思わず見て泣いてしまった映画(厳選ジャンル分け。)
NewImage

○父と息子を描いた作品

#063 リアル・スティール
#117 そして父になる
#063 リアル・スティール
#060 オーロラの彼方へ
#032 ライフ・イズ・ビューティフル
#030 ライアーライアー
#021 キッド
#007  サンキュー・スモーキング
・ビッグ・フィッシュ
・フィールド・オブ・ドリームス
・エデンの東

○夢を描いた作品
#070 幸せへのキセキ
#105 奇跡のリンゴ
#016 フラガール
#014 リトル・ミス・サンシャイン
・タイタンズを忘れない
・スクール・オブ・ロック
・コーチ・カーター
・オールドルーキー
・フォレスト・ガンプ

○友情を描いた作品
#083 最強のふたり
#090 グリーンフィンガーズ
#068 マイ・フレンド・フォーエバー
#059 トイ・ストーリー3
#031 キャスト・アウェイ
・グッド・ウィル・ハンティング
・最高の人生の見つけ方
・ショーシャンクの空に
・セント・オブ・ウーマン 夢の香り

親子で見たい!父と子の絆を感じる映画

友情が素敵 “心に残る” 感動映画8作品
【絶対泣ける】オススメ感動映画20作品!!!

●最後に。

ミステリーやSFも好きですが、やっぱり泣ける映画が一番好きです。
心が洗われる気がするからです。
この映画は、何度も見たいと思えるような映画でした。

NewImage
参考ブログ ※良記事厳選

○号泣シーンが同じでした。最後の父親へのセリフ。
『遠い空の向こうに』(ジョー・ジョンストン) – 愛すべき映画たち
『リトル・ダンサー』 …

遠い空の向こうに | :映画のあらすじと詳しい解説、批評

その他の記事も気になります。
遠い空の向こうに – 私の映画鑑賞

情報量がすごい。
『遠い空の向こうに』 October Sky (1999) | 居ながらシネマ

読んで頂いて、ありがとうございます。

●宜しければFeedlyの登録もお願い致します。(週2〜3回更新しています。)
follow us in feedly

▼スポンサーリンク