#106 96時間

51UEvIqW9xL

96時間 満足度★★★★☆(4.5)96hours ジャンル:アクション (93分)/監督:ピエール・モレル/2008年/フランス

 

51UEvIqW9xL

娘のためなら何でもやっちゃう!切ないお父さんの叫び!

◆ざっくり要約!

96時間 – Yahoo!映画

(yahoo評価:4.19点)

元CIAのお父さんが、離婚して別に暮らす娘が誘拐されたことを知り、地の果てまで追いかける映画。
様々な分析や、力を駆使して、娘を助けようとするちょっと過保護なお父さん。
犯人に少しでも関わった奴を決して許そうとしません。

NewImage
一言感想。

NewImage

お父さん、頑張れ!!って感情移入しちゃう映画。

続編もありますし、知ってはいたのですが、タイトルとストーリーがありがちなので、見てなかったのです。
でも、「ジョジョの奇妙な冒険」漫画家の荒木飛呂彦が偏愛する映画について分析した本「荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟」で第3位に選ばれていたので見てみました!

▼後で読む。


▼今すぐ見たい!(itunesへ)

96時間 Taken (字幕版)
監督:Pierre Morel
リリース:2009年


切ないお父さんの映画

●どんな人が見ると楽しめるか?

娘を持つお父さん

はもちろん、特にアクション好きな男の人。
93分と短めなので、友だちと見ても、恋人と見ても、誰と見ても面白い映画だと思います。

でもなんだかんだ言って、男のための映画かもしれません。

◆見る前に簡単な予備知識(これから見ようとする人へ)

特にいりません。
96時間とは、誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる猶予期間のことです。

●内容について。
NewImage

とにかく、テンポが良い!!見てて飽きるところがありません。
これこそ、エンターテイメント映画です。

寝転がってDVDで見てたのですが、ラスト30分は思わず、座って画面を凝視して見ていました。

娘を誘拐犯から助けるというシンプルなストーリー。こうゆう話って、主人公に感情移入できなきゃ終わっちゃう映画なのですが、
この映画はめちゃくちゃお父さんに感情移入してしまいます。
人が簡単に殺される映画ではありますが、それさえもOK!と思えちゃうんです。
もっと、やれ!殴れ!ってなっちゃうんですね。。。

ちょっとだけ娘の誘拐に関わったひとでも、躊躇せず殺してしまいます。
元同僚の仲間も、協力してくれなかったため、奥さんを躊躇せず銃で撃ちます。笑
最後のボスとのシーンもある意味笑えます。

NewImage

ただ娘を助けたい!って思う不器用なお父さんだから良いんですよね。
余計な邪念はいらないんです。

●最後に。

ジョジョの荒木さんは、この映画を”開始5分で泣かせる映画”と述べています。

娘の誕生日にカラオケマシーン(古い)を買ってくる元お父さん。
馬をプレゼントする今のお父さん。

NewImage

その対比に切ないお父さん臭が漂い、何とも言えない悲しい演出をしていると。

そんなことも考えてみると、
少し哀愁も漂う切ない映画だなぁって感じました。

●この映画好きな人は、こちらもオススメ。

読んで頂いて、ありがとうございます。

●予告編

http://youtu.be/OcMzSLaSar8