#093 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの? /堀江貴文

NewImage.png
NewImage

満足度★★★★(4)

もっと合理的に生きれば?って軽く説きふす本

▼後で読む。


前置き

個人的に私が、堀江貴文さんのことをどう思っているかというと、特別好き=尊敬すべき目標となる人でもないし、嫌いな人でもありません。
とても”合理的で、お金至上主義”であるイメージです。
何もそこまで自分から敵を作るようなことを言わなくても良いんじゃないかなって思うくらい。

スーツではなく、カジュアルな格好でいることで、物議を起こしましたが、普通の人って、面倒だからそういう議論をさけるために、他人と違うことをできるだけしないよう嫌われないようにするのですが、この人は、自分の合理的効率的な考えをもとにして逆らうこと無く行きてます。もっと楽に人と付き合う生き方もできるのに。

でも、この本を読んで少しイメージが変わりました。
今は昔ほど、メディアにも出てなく、おとなしいですが、それも考えてのことなんですかね。でも根本の考え方は変わっていないようです。

ただただ、面白いひとだなぁって思った本でした。

◆ざっくり要約!

①ホリエモンの独自のビジネスアイデアが数々出されてます。実際この本ではアイデアなんて誰しも思いつくものとおっしゃていますが、結構面白いアイデアが多いです。
②メルマガ読者とのQ&Aは半分が突き放したような回答。ちょっと驚いたのが良いコメントもあったりします。
③ゲストのコメントは、ホリエモンの人となりが分かると思います。

◆内容について。

1.堀江氏のビジネスアイデア
2.メルマガ読者とのQ&A
3.ゲストのコメント(船曳建夫氏、夏野剛氏、藤沢数希氏、西村博之氏)

1.堀江氏のビジネスアイデア

読者からの質問とそれへの回答であるが(堀江氏は月に100以上もの質問に答えているらしい!)、正直、あまり面白くなかった。まず、寄せられる質問のテーマの幅や中身が浅く、回答も合理主義一辺倒で筋は通っているが、深まりやユーモアがない。質問の中には、既に自分で回答を持っていて、単に堀江氏から後押しをしてもらいたいだけの人も多く見受けられた。どうも「堀江信者」のような人が多いようだ。

ビジネスモデルのITを活用したアイデアが面白い。
特に良いと思ったのが、
訪問24時間診療。
医者がスマホを持って、処方箋を出せる仕組みとか便利。

病院の予約をネット化するとか普通にできそうなんですよね。。

あと、車を使用中の自宅駐車場が料金を生み出すシェアシステム
駐車場があいている時間を有効的に使うアイデア。
無駄をなくすという観点は素晴らしい。

2.メルマガ読者とのQ&A

情報を捨てるのが大事ってことじゃないかな。みんな無駄なことに記憶を使い過ぎなんだよ。

仕事は教えてもらうのではなく、真似して勝手に覚えるのが基本です。
なんでこの行動を取るのだろうと考えると、その行動取るのだろうと考えると、その行動の理が見えてきます。
こうやって思考を停止しなければ良いと思います。

◆この本から何を活かすか?

とにかく、自分が楽しいと思うモノを創り出したいと思いました。
資格を取ることは大事だと思うのですが、それをどう活かすかが薄れてきます。どうしても。自己満足に陥る。。
だから、退屈します。頑張りたいと思う気持ちは今でも変わりませんが。。

Wordoressでブログを作ったり、iphoneアプリを作ることはワクワクします。
直接誰かの役にたつことを考えられますし。自分が作りたいというサービスに挑戦したいと思います。

その過程でもう少し、IT、ブログラミングについて勉強したいと思います。
今は、エクセルとhtml/css/phpについて勉強してます。

◆終わりに。


3.ゲストのコメント(船曳建夫氏、夏野剛氏、藤沢数希氏、西村博之氏)

から著者の生き方が分かります。

ホリエモンの生き方は決して否定できないし、すごいと思いますが、
自分にあてはめることはできません。

ホリエモンの根本にある価値観って、本著でも度々言われてますが、

”楽しく生きる”ことだと思います。

自分が楽しく生きるために、自身はそう思っていないですが、他人が見ると非常に努力を重ねることに抵抗がありません。
お金至上主義=ホリエモン
を代名詞と使っているのが、世間ですが、

本人はそうたいして、お金にこだわっていないようでした。

人よりも、欲望が大きいのか、趣味やしたいことが多い気がします。そのため、お金がかかるから、その手段としてお金儲けをするという感じ。

私自身は、ロケットを飛ばして宇宙に行きたいとか、美女に囲まれて豪遊したいとか興味ありません。
普通に、良い映画をゆっくり見るだけで満足しちゃうので。。。

もちろん、お金はあるにこしたことはないとは思います。
でも、この本のタイトルにある通り、
お金まず、ありきで、それを使って、自分は何をしたいの???
っていうことが大事だと思います。

お金はあくまでも手段。また、その手段であるお金を使わなくても、自分が楽しむためにできることってあるんじゃないかって。

お金をたくさん使って得られるものはたくさんあります。
でも、お金をわざわざ使わなくたって、手にすることができることもあります。

その自分が入手したいものを得る”手段”を考えない=思考停止 で、ただ単にお金儲けして、お金持ちになりたいって思うのは本末転倒だなって。
それを、ホリエモンは質問コーナーでも度々ほのめかしています。

もっと、自分で考えろ!って。もう自分で進むべき道は決まってるのに、背中を押してもらいたいだけだろって。

私は、ただ単に自分が楽しく生きるために生きることではなく、
自分の近くの周りにいるひとと楽しく生きるために生きたいと思ってます。

お金儲けは、結果的に、周りの人を幸せ(楽しませる)にしているから得ていると思うのですが、
自分が楽しくいきたいがために、周りの人を嫌な想いをさせて良いかは疑問に残ります。

ホリエモンと同じように、私も、自分が楽しいように生きたいという気持ちは同じです。

でも、ホリエモンは、その結果他の人が不幸になっても仕方ないという考え方だと思います。それは自分が不幸になったのが悪いって。
至極合理的です。99人が助かるのなら、1人が犠牲になっても仕方ないと考えるのと似ている気がします。

私は。頭では1人が犠牲になれば一番良いと思うのですが、それをするのに躊躇したり、考えちゃうのが人間だなぁって思うのですが、
勉強熱心で、行動的なホリエモンは決断しちゃうんだろうなぁって勝手に思います。

最近見た
ウォーキング・デッド

#049 ダークナイト
でもそんなような場面が出てきます。

そこが、自分の価値観と違う点だと思います。
合理的な生き方がだけが人生じゃないんだなぁって思っちゃうからです。
感情的に、不器用に生きて、後悔しながらも自分なりに答えを出しながら生きるのが自分だなぁって。

ホリエモンの合理的な生き方が分かる本でした。

読んで頂いて、ありがとうございます。

◆目次◆

第1章 1980年以降に生まれた君へ
第2章 ネット社会の向かう未来
第3章 本気で金持ちになりたいか?
第4章 本当に幸せなライフスタイルとは?
第5章 ホリエモン出所後の日本を考える