#049 ダークナイト

ダークナイト 特別版 [DVD]
¥2,670
Amazon.co.jp
アメコミもの。
正直、そこまでアメコミものは好きではありませんでした。
アメコミで楽しめるのは、迫力のあるシーン。
でも、それも映画館でないと半減します。。
だから、そういったものは、DVDで見てもしょうがないという想いがありました。。
けれども、
「ダークナイト」
やたら評判が良かったので、DVDで見ました。
見てみたら、
アクションだけではなかった。。
結構面白いです。
アメコミだから、見ない…という人にも受け入れやすいかもしれません。
どっちかというと、ヒーロー、SFものというよりも、
サスペンス”に近いかなと思いました。
ちょうど、「羊たちの沈黙」を見るような感じです。
ジョーカーという悪者は、レクター博士と似ている。
ただ理由もなく、”殺人”を繰り返していく。
そういった無差別殺人者の人格がとってもよく出てました。
(最初の仲間を裏切っていくところや、病院を破壊して歩いていくシーンは一見の価値あり)
善悪をテーマにした映画だと思うのですが、
誰にでも、その善悪がある、二面性を持っているということを証明するために、
経済学で有名な「囚人のジレンマ」を扱うシーンがあるのですが、
ここも、良いシーンでした。
それは、
大型フェリーで街を逃げ出す市民たち、一方のフェリーには市民が、もう一方は囚人がいる。
そのフェリーにはジョーカーの仕掛けた起爆装置がある。
囚人の船の起爆装置を押せば市民のフェリーが爆発し、
市民の船にある起爆装置を押せば囚人のフェリーが爆発する。
12時までにどちらかが起爆装置を押せば押した方が助かる。
全ての人間の中には悪の心があり、
どちらか必ず押すだろうというジョーカーの仕掛けた、人間の良心に対する究極の挑戦状。
そこでとった2つの行動が考えさせられます。。
人がもつ”善悪”について、色々考えさせられる名作です。
ちなみに、
ヒーローものといえば、異色なのが、「ハンコック
ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [DVD]
¥2,560
Amazon.co.jp
ヒーローは必ずしも、人気者ではないということをコミカルに表現していて面白いです。。
そして、同じタイプとして
「Mr.インクレディブル」
Mr.インクレディブル [DVD]
¥1,479
Amazon.co.jp
こちらも、単なるヒーローものに物足りなさを感じている人にオススメです。
読んで頂いて、ありがとうございます。