#007 モチベーションの上げ方とマーケティング?


以前、ブログで、

脳を活性化する方法。~アイデア・プレッシャー・モチベーション~

を書きました。

その中で、脳科学者の茂木さんのモチベーションの上げ方が、

なるほどなぁっと思ったので取り上げました。

①「あこがれの人」をみつける。

②小さな「成功体験」を大切にする。

この2つがあれば、モチベーションを上げられると。。

このブログを書いてから、いろいろ考えたことがあったので、付け加えてみたいなと思います。

この前、日本テレビで、毎週月曜日に放送している「人生が変わる1分間の深イイ話 」という番組をみました。

その中で、

司会をやっている島田紳助さんが、

「人が頑張るには、自分を納得させる理由が必要」

と言っていました。

何かを続けること、

継続は、習慣ではなくて、”理由”があるからできること。

「自分に問いかけろ」って。

どんな自分が良いか?

なりたい自分はどんなのか?って。。

郷ひろみさんは、

「おれは、郷ひろみか?郷ひろみだろ」と問い続けているから、いつまでも、あの若い肉体を得ているとか。。

(郷さんは、夜5時以降は、ご飯を食べないらしい。。。すごい。。)

話を戻して、

その”理由”って、

例えば、

お金持ちになりたいとか、

異性にもてたいとか、

有名になりたいとか、

とにかく、幸せになりたいとか、

茂木さんの話でいうと、「あこがれの人」みたいになりたいということとか、

そうゆうことだと思います。

”理由”を自分の中で、素直に正当化して確信しさえすれば、”行動”に移すことが出来ます。

行動すれば、当たり前ですが、少しでも自分がたどり着きたい目標に近づくことが出来ます。

ここで、自分が思うことは、

この”理由”を持つ前に、

人って、”想い”を持つんじゃないかなって思います。

”想い”

こうしたいんだ!という、感覚的なこと。

内から自然と出るもの。

熱い気持ち。

悔しい!って想い。

好き!って想い。

怖い!って想い。

楽しい!って想い。。

などなど。

そういう感情、”想い”があって、

”こうなりたい!””こうしたい!”って理由に変わるんじゃないかなと思います。

なんか、「引き寄せの法則」みたいで、観念的であまり好きではないんですけど、

身近な例で言うと、

買い物をしにいったとき、

まず、良いものをみつけて、

「あ、いいな♪これ。」

って思います。

でも、これだけで、買っちゃうことって、あまりないです。

衝動買いもあると思いますけど、

やっぱり、いいなって思ってから、

それを買うための理由付けを頭の中ですると思います。

①良いなって思う服があった。

②それを買ったら、どのくらい着れるか?値段に見合うか?果たして自分に似合うか?流行にのってるか?

など考えて、例えば、人(第三者)に見てもらって決めたり、有名人が着てたから買うとか、

質がいいから、ずっと着られるって

自分の選択を何らかの理由で、正当化してから、

③購入
行動に移すと思います。

①「いいな」って、感情、”想い”があって、

②正当な理由があり

③行動に移せる。

そして、自分の達成したいことが実現される。

ここでは、例えば、「もてたい」という目的が達成されるor近づける。

これって、なんだか、マーケティングにも通じるのかなと思います。。

感覚的な広告があって→論理的な戦略があり、初めて購入という行動がある。

そんな消費者の心理。。

いろいろ何か書いてきたんですけど、

結局何が言いたいかというと、

「モチベーションを上げるには、”理由”が必要。

でもモチベーションを上げ続けることは困難。

だから、”理由”を生んだときのきっかけになった”想い”を思い出すこと。

この”想い”があれば、モチベーションを維持し続ける」

でも、

はっきり言って、そのときの熱い”想い”を持ち続けること、思い出すことって難しい。。。

あのとき、”悔しい”って思ったことも、時間がたてば、忘れていく。。。

だから、日々、感情を揺り動かすことって大切だなって思います。

恋愛のチカラってすごいなって思います。

いつもの自分ではできないことができちゃうから。

この前、「あいのり」っていうフジテレビの恋愛バラエティ番組を見ました。

その中で、

シュレックというもてない男が、桃という女の子に恋をしました。

その子のことを考え続けて、プレゼントしようと、

自分の限界を超えてまで、肉体労働してお金を稼いだり、

勇気を出して、呼び出したり、しているトコを見て、

はっきり言って、号泣でした。。。笑

でも、

好きっていう”感情”がここまで力をはっきして、行動に移る姿を見て、
自分にもあるなぁって実感しますし、

ますます、”感情”って大事だなって思いました。

何かを達成するには、”感情”が必要だって。

感情があって、頑張っている人は、”きらきら”して

かっこいいなって。
結局は、

その感情が起きたときがチャンスなんだから、

そのときに、集中して何か行動にうつす!


「鉄は熱いうちに打て」

ということですかね。。

思えば、自分は、”悔しい”って思いで、頑張ってきたことが多かった気がします。。

日々、何かで、感動し続けることって、大切ですし、自分から動いてみつけるべきだと思いますが、
それでも、ダメなら、

②の理由を今一度再確認することが効果的かなって思います。

モチベーションをずっと、持ち続けることは、

かなり難しいと思います。

でも!

”理由”=目的をずっと意識し続けることは簡単だと思います。

だって、「こうなりたい!」とか「あんなことしたい!」

って思うことって、想像、イメージするだけでワクワクするもの。
ずっと、モチベーションを上げ続けることはできなくても、

そういった目的を達成したイメージを持ち続ければ、

モチベーションは”維持”はできると思います。(上がったり下がったりしながら)

最後に、「人生が変わる1分間の深イイ話 」から、

もう一個。

現在、102才の岩手県在住の下川原孝さんの話。

今年、マスターズ陸上において砲丸投げの世界記録を樹立したり、
その体は健康そのもので、毎日のスクワットや週4回の散歩を欠かさない。
その毎日の運動が健康の秘訣なのかというと、そうではないらしい。


じゃあ、いったい何が健康の秘訣なのかというと、、、、、、


「ちょっとごまかすこと」


毎日の腕立てやスクワットも、しんどくなったら回数をごまかしてやめてしまうそうです。
散歩も距離をごまかすこともある。


いやになってやめるより、ごまかしてでも続けたほうがいい。
太く短く生きるより、ごまかしてでも長生きしたほうがいい。」

これは、説得力があるし、深い!と思いました。

茂木さんの

②小さな「成功体験」を大切にする。

にも当てはまります。

こうゆうことも大事にしながら、頑張りたいって思いました。

読んでいただいて、ありがとうございます。