#044 おくりびと

おくりびと
「おくりびと」オリジナルサウンドトラック/サントラ (音楽: 久石譲)
¥2,800

美しい音楽。

心が温まるストーリー。

暗すぎなく、間間に笑えるシーン。

一人ひとりの役者さんの演技。

これだけで、見る価値あります。

↓Yahoo!映画の”あらすじ”参照。

楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、

故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。

面接に向かうと、社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、

業務内容は遺体を棺に収める仕事。

当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、

納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。(シネマトゥデイ)

誇りある仕事って何だろう。

命あるものを食べること。

死ぬということ。

言葉なんていらずに、

全て伝わってくる映画です。

感動します。

一日1回は、映画を見たり、美しい音楽をとか聞いて、

感動して、心を浄化することは大切だなぁって思いました。

疲れていたり、

何かにつまずいたり、

イライラしてたり、

負の連鎖に陥ったとき、それを止めてくれると思います。

読んで頂いて、ありがとうございます。