#043 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック/菅野祐悟
¥2,400
Amazon.co.jp

全体的に、見てて面白くて仕方がないという映画ではありませんが、

ラストシーンは、深く心に残る映画だと思います。

福山雅治と柴咲コウが主役というより、

堤真一と松雪泰子が主役って感じがします。

それほど、2人の演技が良かったです。

ミステリー映画ですが、トリックの緻密さというより、

犯人の動機とか、心情とかを丁寧に深く描いて、

そっちの方にフォーカスを当てているような気がします。

映画の中のセリフ↓

「誰にも解けない問題を作るのと、
その問題を解くのとでは、どちらが難しい?
ただし答えは必ず存在するものとする」

この結論?がラストにあります。。

ほんとにせつない映画。

読んで頂いて、ありがとうございます。