#043 「仕組み」整理術/泉 正人

「仕組み」整理術―仕事がサクサク進んで自由時間が増えるシンプルな方法/泉 正人
¥1,365
Amazon.co.jp

#005 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術/泉 正人

の続編。

今回は、”整理術”

仕組みを作ることは、効率的に動くこと。

すなわち、”ムダ”を減らすこと。

著者は、仕組みのノウハウとして、

・自己管理術

・整理術

・マネジメント術

・会議術

・業務処理術

・時間術

を挙げ、その中でも一番大事なのは”整理術”と言います。

仕事を整理する「仕組み」を作ることによって、

「時間」をも作り出せる。

効率的な整理術が書かれてます。

やはり、前回ほどはインパクトはありませんでしたが、

いろいろ使えそうなことがありました。

書類&机周りの整理

PC&メールの整理

頭の整理

時間の整理

整理の効用は、時間を浪費せずにすむこと。

「平均的なビジネスパーソンは、1日に190の情報が入ってくる。

そして、探しものをするためだけに1年間に150時間も浪費している。」

確かに、ものを探す時間って結構あります。

ここで書かれている整理の基本は、

今までの整理の、

分類する⇒保管する

を、そこから

保管する⇒取り出す⇒戻す⇒(分類する⇒…)

<捨てる>

が加わえた状態であること。

●クリアファイルに表紙をつける

などは、早速やってみました。

他にも、頭の中の整理、時間の整理など参考になりました。

前著

#005 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術/泉 正人

を読んでなかったら、まずこっちからオススメ。

読んで頂いて、ありがとうございます。