#005 脳を活性化する方法。~アイデア・プレッシャー・モチベーション~

最近、1か月ほど、ブログ書いていませんでした。。

体がどうも動かない日々が続いていて…。。

先日、

NHKで火曜に放送されている「プロフェッショナル 仕事の流儀」をいう番組を見て、

少し影響されたので紹介します。

http://www.nhk.or.jp/professional/

脳科学者の茂木さんが”脳の活性化”する方法を放送していました。

内容は、

●アイデアを出すには…

●プレッシャーに打ち勝つには…

●やる気(モチベーション)を上げるには…

の3つ。

順に説明すると、

●アイデアを出すには…


①とことん考えてから寝る。

これは、寝ているときに、その前に考えていたことがうまく脳の中で整理されるから。

起きた後すぐが一番集中できるのもそのせいかもしれません。

②考え事は、”場所”を選ぶ。

移動中(電車など)、トイレ、お風呂などにいるとき、ふと何かを思いつきます。

これも、脳がリラックスしている状態にあるから起こること。

何気に違うことをしていても、脳はずっとそのことについて考えていますからね。。

疲れた~って思って、休憩にお風呂入ると確かに良いアイデアが思いつきます。

でも、疲れてない=何もしていない のにお風呂入っても何も浮かびません。。。。

自分は、後、ランニングとかもオススメします。

やっぱり、何かアイデアを出すには、それだけ、ムダなことでも良いから考え続けること、

そして、考え続けたら、どこかで休むことが大事だとわかりました。

次に、

●プレッシャーに打ち勝つには…

①苦しい時にあえて笑う。

つくり笑いで、口角を上げるだけでも、効果があるようです。

確かに、悩んでいたり、緊張しているとき、

とりあえず、笑うと考え方もポジティブになって落ち着きます。

「うーん、うーん、、、、、、こ!」の精神ですかね。。

http://ameblo.jp/yukke-k-gi/entry-10127150649.html 参照

②本番前に「決まり事」を持つ。

イチローが試合前に毎回同じ練習をするように、

人は、きまりきったことをすると安心することがあるんですかね。。

やっぱり自分も、いつもと同じことをすると落ち着きます。

自分なりに、いつも飲んでる水を飲むとか、ストレッチをするとか。。

そういった、決まり事がスイッチになって、意識なく集中モードに入ります。

ポイントは、やっぱり、”体を動かす”ことだそうです。

考え方はなかなか変われないけど、体は変えられる。だから行動。

何かすることで、変わる。

あと、私が行っているプレッシャー克服法は、、、

”とにかくいつもより動作をゆっくりにする”

これはいつも、緊張すると動きが速くなるから。

かなーり意識してゆっくり話したり、行動すると、ほかのことに注意が払えるようになって失敗しないで済みます。

ゆっくりすれば、余裕が生まれ、堂々と動けます。

また、

「緊張が何が悪い。みんな緊張しているんだ。緊張して罪になるわけじゃない。ふざけんな。」

って開き治る方法もひとつの手かもしれません。笑

でも、なんだかんだいって、

一番いいのは、自分を信じることですよね。

今までやってきたこと=努力が一番信頼する根拠になります。

だから、努力する。

努力すれば、成功することもあれば、失敗することもあるけど、

そのとき自信はつけられる。

だから努力する。それだけかもしれません。

最後に、

●やる気(モチベーション)を上げるには…

これが個人的に、一番参考になりました。よく聞くことかもしれませんが、

一番大切なことだと再確認したからです。

①「あこがれの人」をみつける。

②小さな「成功体験」を大切にする。

人は、

目標”を持ち、その目標を達成したときの”報酬”を求めて頑張ります。

この”目標”と”報酬”のどちらかが欠けていても、やる気は上がらなくなります。

つまりがんばれなくなります。

そのために、

①と②を意識してみることが大事。

①は、あこがれの人=目標とする人

自分がこうなりたいなって気持ちが人をやる気にさせます。

思えば、部活だったら、かっこいい先輩がいたから、あーなりたいと頑張れた。

本で、ものすごい人に出会えたから、少しでも理想に近づきたいからモチベーションが上がった。

映画を見て、かっこいいって思って努力した。

(私は、特に主役に憧れるというよりも、こんな感動する映画を作っている人がいることに憧れましたが、、)

学校って、かっこいい人に出会える機会が、友達や先輩くらいなのかなって思ったりしました。

先生ってなかなかかっこいい人っていない。

はたまた、テレビのニュースで見る政治家を見るとあきれる。

「大人が格好良ければ、子どもは、ぐれねぇんだよ」

っていう「チルドレン」という伊坂幸太郎さんの本のセリフもわかる気がします。

#031 チルドレン/伊坂幸太郎

カッコいい大人はたくさんいるのに、それを見る機会が少ないのは残念な気がします。

テレビの露出が多い、歌手や俳優、お笑い、スポーツ選手に憧れるのが偏ってしまうのもわかる気がします。

…話がずれました。

目標を見つけて、

そして、②の小さな「成功体験」を大切にする。

こと。

これは、目標が大きすぎると、モチベーションが維持できなくなるから。

そんな早くには報酬はもらえません。

血のにじむような努力をしないと達成できません。

でも、人間そんなに強くないから、どこかでやる気を失います。

自分には無理だって思うことも出てきます。

そんなとき、日々「何をしたか」を確認して、自分をほめること。

これを大切にすることがモチベーションを維持する秘訣。

自分を褒めることで、またこの快感を味わいたくて、頑張れます。

最近の自分は、①の理想が大きすぎて、②を軽んじていました。

未来ばっか見てるだけじゃなくて、

今をみつめて、今日やれることを一生懸命やる!

大きな目標と、小さな目標、2つ持ってモチベーションを保ち続けることが大事だと実感しました。

少しでも、進めばよしとする。

その成果は、文字やら形にして残す。

そういうことを大事にしながら、1日を生きていこうと思いました。

読んで頂いて、ありがとうございます。