#026 キサラギ

キサラギ スタンダード・エディション
¥3,000
Amazon.co.jp

どうせ、つまらない邦画だろうとみくびってましたが、
半年も前から、ずーっとレンタルされっぱなしで気になってたから見てみました。
こんな面白くて、感動する映画だったとは知らなかった。

おたく系の映画でもなくて、
脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』の人。

グラビアアイドル如月ミキの1周忌に5人の男が集まって追悼会をするはずが、途中から、このアイドルは、”自殺”をしたのではなくて、”殺された”んじゃないかと推理し始めていくストーリー。
物語は全て1つの部屋で行われて、
「十二人の怒れる男」や「12人の優しい日本人」
にも似た作品だけど、
結構こっちの方が好きかも。。

アイドル。
その人に励まされたり、頑張ろうって気持ちにさせる存在だと思います。
だから、B級アイドルでも、メディアに出てない一般の人でも、たった一人でもそう感じさせた人なら、その人にとってはアイドル。
自分のしたことが、誰かの生きる支えになってたりしたら素敵なことだなぁって思いました。
自分は別にたいしたことと思ってなくても、された人にとっては、とってもとっても嬉しかったりします。
「命より大切なもの。」
真実は分からないけど、ほんのり感動させられる映画。

読んで頂いて、ありがとうございます。