#025 幸福な食卓/瀬尾 まいこ

幸福な食卓 (講談社文庫 (せ13-1))/瀬尾 まいこ
¥520
Amazon.co.jp

『涙が溢れるほどに優しくて、温かい』
っていうコピーに魅かれて、、
あと『家族』っていう題材に、すごく弱いので買って読みました!。
この家族は、普通に考えて崩壊しています。
なぜなら、話のはじめのセリフが
「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
からはじまって、
別居中の母親、自殺未遂した父親。天才だけど、悩みを抱えている兄。

でも、それでも、暗くはありません。
うまくみんな生きてる。
なんか素直に生きてるっていうか。バラバラだけど、どこかでつながってる。
そんな状況なのに、重くない。

読んでてふわーってなる感じかなぁ、、

感動はしたかというと、しませんでした。。
多分、感情移入しにくくかったからだろうなぁ。
主人公の佐和子に感情移入しづらかったです。
さすが、女性が書いてるだけあって、女の子の心情、人間関係とか細かくリアルに書かれてる気がしました。

特に高校生で合唱する話とか…。

最後は、なんか切ないラブストリーみたいになっちゃった感もありますけど。。
最後に人が死んでしまうのはちょっと。。
なんで、あーゆー人を殺してしまうかなぁっと。
もっと違う設定の仕方があったと思うのに。

そこが泣けない理由の一つかなぁ。泣かせるために作ってる感じがしてしまいました…。

でも淡々と素直に読める。
大浦くんをはじめ、ひとりひとりのキャラクターがみんなカッコよくて良い。

父親も母親も兄も、魅力的。
主役の佐和子は、普通で、それだから、ほかの人が際立って良いのかなぁ。

あまり、意識してなかった家族のつながりが痛切に感じられ、

少しづつ良い方向にみんなが支えあって向かっていく、そんな温かい話

読んで頂いて、ありがとうございます。