#022 ペイ・フォワード

ペイ・フォワード/ハーレイ・ジョエル・オスメント
¥881
Amazon.co.jp

最近嫌な事件が多いからこそ、なんか考えさせられる映画。

11才の少年が、社会の授業で、
「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」
という課題に、あるアイデアを思いついて、それを実行する話。
pay it forward
「次へ渡せ」 というアイデア。
他人から受けた親切をその人に返すんじゃなくて、まわりにいる別の人3人に贈っていく。
そしたら、1人の子供がやったことが、3人に、
3人が9人に、9人が27人に…。。。
とたくさんの人があったかい気持ちになる。
”恩返し”ではないことがポイント。
してもらったことを返すのでは、完結してしまって、たくさんの人に波及しないし、
後、”与える”ということが”見返り”を求めた行動になってしまう。。
また、このpay it forward はもう一つルールがあって、
”自分ができないような困難なことを相手にする”ということ。
困難だからする価値がある。
勇気を出してすることに価値がある。
”家族愛”がテーマっぽいけど、
”善意と暴力”がテーマらしいです。
後、“許すこと”かな。。
ラストを見て、
やっぱり、”くそったれ”な世界だけど、、
結構それでも良い世界でもあるんじゃないかって思える映画です。

読んで頂いて、ありがとうございます。