#021 グラスホッパー/伊坂 幸太郎

グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)/伊坂 幸太郎
¥620
Amazon.co.jp

殺し屋の話です。
地下鉄や道路に人を突き飛ばす『押し屋』
精神的に追い詰めて自殺を促す『自殺屋』
ナイフで相手を殺す『殺し屋』
殺し屋の話だから、人がたくさん死にます。
残酷なシーンも描写されてます。
でも、その世界って、今のリアルな現実でもあるような気がします。

自殺、復讐、死、人間
考えさせる言葉。
『人は誰でも、死にたがっている』
『人は、みんな罪悪感を持って生きている』

のような、様々な考えされるセリフ。

あと、
『未来は神様のレシピで決まる』
っていうセリフがありますけど、良い言葉だなぁって思いました。 (オーデュボンで使われたコトバでもあります。)

何をしたら良いのだろうとか、何をしたら正解なんだ?

失敗したらどうしよう?自分には無理じゃないのか?

って考えて、途方にくれることがあります。

でも、結局、先のことなんか、考えても、わからないし、誰にもわかりません。
考えたってしょうがないし、どうしようもない。

だったら、

先のことは、自分たちの範疇の外で、すでに決まってるんだと考えようよ。っていうことかなと思います。

どんな理不尽なことや納得できないことがあったって、

今生きてることが辛かったり、しんどかったりしても、

それは神様が決めたことなんだって。

この先起ることも全て神様のレシピに書いてある。

自分があれこれ考えたってどうしようもない。
でも!!

なんか、それは、あきらめなんかではなくて、なんか、ある種の開き直りって感じが好きなのかもしれません。

ちょっとは、楽に考えられる。
あー、考えてもしようがないな。
だったら、もうちょっと頑張っても良いかなって。。。
あれこれ考えて、一歩も進めないでいるより全然楽。
迷って、迷って何もしないで、生きてるなんて、生きてるみたいじゃないし。

『生きてるみたいに生きるんだ』って最後に、鈴木が変わる。
『僕は、君のために結構頑張ってるんじゃないかな』
ってセリフ。
すこし感動的なのも、読んでみたら、
きっと、分かります。

読んで頂いて、ありがとうございます。