人材育成のコツ。

本日の、テレビ東京(夜10時から)カンブリア宮殿から、

なるほどなぁと思ったことを書きます。

ゲストは、

お好み焼きチェーン 「千房」社長 中井 政嗣さん。

感想。

とても、人のことを大事にする誠実な方だなぁと思いました。

特にテーマとして人材育成の方法を語っていました。

そのコツが、

①上司が率先して部下に手本を見せること


②小さな目標を与えること。

(やらされるのではなくて、自分が決めたことを達成させる)


③どんな些細なことでも褒める

こと。

モチベーションを上げて、仕事のやる気を高める方法として一番大切な基本だと思いました。

そして、その部下自身育つことはもちろん、それを指導する上司も自分を高めるために、この3つのことは大切であること。

この3つのコツは、

すごく当たり前で、そんなこと知ってるよ、と思ってても実際に”やる”のは難しいと思います。

なぜなら、この3つを”やる”には、

相手をしっかり見ないとできない。

しっかり、相手をみつめて、うなずいて、ほほえむこと。

そこには、どんな相手でも、同じ目線で見ようとして、

どんなことをやらかしても、その先を見て信頼してあげるココロが必要だから。

社長は、どんなダメなやつでも、「見捨てない!」と答えています。

そこに、社長のココロの広さをみました。

どんな人でも、信じて任せることができるか。

どんな時でも、相手目線でいられるか。

コミュニケーションが大事、コミュニケーションが大事って言われている今。

伝える技術(話すこと)であったり、聞く技術であったり、

そういうことは、2次的なものだと、私は思います。

コミュニケーションで一番大切なことは、

相手の立場になって考えること。

これに尽きると、私は思います。(考え方はもちろんたくさんあると思いますが)

相手、目の前にいる人を、一人の人間として尊重して、考える(想像する)こと。

それができて、初めて、励ますこともできますし、

ねぎらいの言葉も心から言えると思います。

人材育成のコツは、そんなこんなで、

私は、この会社を見て、


相手をしっかり見ること

だと思いました。

あと!

私は、これは他の人に対してだけでなくて、自分に対しても言えるのではないかと考えました。

自分に対しても、上の3つのコツは使える人が強いって思います。

①は、

周りにいる自分がスゴイ!カッコイイ!と思う人のマネをする、尊敬する。

(家族、友達、職場の人など、本、メディアに出ている人、近所の人に対して)

②は、

自分から課すこと。

5分でも、勉強すると決めたら、それを達成するために頑張る。

③は、

夜寝る前に、3つ褒めるとか。

スザンヌという、オバカタレントとして最近活躍している女性を知っていますか。

彼女は、夜寝る前に、3つ自分を褒めているそうです。

どんなにたいしたことしてなくても、

例えば、お風呂で、右手をよく洗えたねとか。。。。

極端かもしれませんが、

そういって、自分で自分の自尊心を保つこと。

周りから、「バカ」と言われても、気にしないで、それを武器にもできる彼女は、

なんか強いなって思いました。

「3つの真実」のレビューでも書きましたが、

http://ameblo.jp/yukke-k-gi/day-20080611.html

他人の評価ではなくて、自分を評価できる人は、強いと思います。

強くなるために、こころがけて行こうと思いました。

読んで頂いてありがとうございます。