#002 SEIKO 「1秒の言葉」

SEIKO 「1秒の言葉」
SEIKO 「1秒の言葉」

先日、SEIKOの広告を書いたので、
本日のヤフーのトップニュースの、

『“幻のCM”リメークし復活…セイコー社「一秒の言葉」』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080608-00000009-yom-ent

が気になってみてみました。

23年前にラジオCMとして作られた、教科書にも載った美しい詩がリメークされたということなんだけど、、

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=xsnhOJM-BxU[/youtube]

見てみました。

純粋に良い詩だなぁって思いました。

たった1秒で言えるコトバ。

「ありがとう」「おめでとう」「ごめんなさい」「さようなら」、、、、

その一言に様々な想いがある。

コトバの重みっていうのかな、
そういったことをもっともっと大事にしなきゃなって思った。

このニュースで思い出したのが、

「人生が変わる1分間の深イイ話」

日本テレビで島田紳助が司会をやっている番組で、
「長野時計店のCM」の深イイ話。

そのCMのコトバが、、↓

「にんげんの時間」

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=9ND9zq3AQHs[/youtube]

ひとりがすると1時間かかることを、ふたりでやれば30分で終わる。

ひとりがすると1ヶ月かかることを、30人でやれば1日で終わる。

人類が何千年かけてもまだできないこと。

みんなでやれば1日で終わるかもしれない。

そう、平和なんて、1日あればできるはず。

時に、チカラを。 宝石・時計 長野。

「時の商人」

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=iGMePCIFDhg[/youtube]

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?」

ある女は1週間買った。1週間買った女は、それを海外旅行に使った。

「10年欲しいのだがね」 ある老人は商人に聞いた。

「10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん。」

10年買った老人は、それを病気の妻に譲った。

時に、ドラマを。 宝石・時計 長野。

YouTubeにあったので、よろしければ動画の方が伝わるので、、

http://jp.youtube.com/watch?v=iGMePCIFDhg

「時間の関係」←これも結構ココロに残りました。。自分にとって大切な人とは誰か考えさせられます。
http://jp.youtube.com/watch?v=20Vy0gxSsLg

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=20Vy0gxSsLg[/youtube] そんなこんなで、
”時”とその中で生きている”人”を大事にしなきゃなぁって思いました。

特に、時間は誰にでも唯一平等に与えられているもの。

それをムダにはできないなぁって。。

一瞬一瞬を大切に生きなきゃ。

それが、どんな辛い状況でも、
未来に、期待できなくても、

それでも、今、自分が何をできるか考えていきたいなって。。

おれが、大学受験のとき、勉強机の前に貼っていたコトバ。

『一寸光陰不可軽』

(一寸の光陰軽んず可からず)

ほんの少しの時間であっても、その時間を無駄にしてはダメ。
この言葉を戒めにして、一日、1分でも多くの時間勉強しました。。

”時間”って本当に、大切。

時間を意識するには、時計が必要。

だから、時計を買いましょう。

よっしゃ、時計今すぐ買いに行こう。

……

とは、この広告を見て、直接感化はされないと思うけど、

時計って大事だな。
良い時計探したいな。

って、なんかあったときに、思いだすかもしれない。

そういった効果のある広告だなぁって思いました。

読んで頂き、ありがとうございます。