#002 道

道/ジュリエッタ・マシーナ
¥2,815
Amazon.co.jp

とっても切ない映画。ラストシーン、海辺でのザンパノの号泣シーン。
これは思い出しただけで、本当にぐっとくる!
自分にとって本当に大切な人ってその人がいなくなったとき初めて気づくんだろうなぁ。。
自分のそばにいて当たり前で特になんも気にかけてもいなかった人がいなくなる時、人ってものすごく孤独に苦しまされる…。
そして、
「すべてのものには、価値がある。こんなちっぽけな石だってきっと何かの役にたってる」
のような名ゼリフがあるんだけど、あーそうなんだ、だからジェルソミーナは、ザンパノを一人にしなかったんだなぁって思った。
ザンパノもジェルソミーナも、とても人間味あふれている。
人間の孤独感、不器用さ、そして絆があふれている良い映画でした。